Google、定額ゲームサービス「Google Play Pass」を発表

AppleのApple Arcadeに続き、Googleもゲームサブスクサービスを提供へ

Google Play Pass

Googleは9月24日、定額ゲームサービス「Google Play Pass」を発表した。サービス開始時点では米国のみで提供され、今後世界各国でも利用可能になる模様。

Google Play Pass」はローンチ時点で350種類以上のゲームが用意され、広告無し、アプリ内課金なしで利用できる

価格は月額4.99ドルとなっていて、自分を含む最大6人の家族メンバーで利用できる。米国外での利用価格は分かっていないが、同じく月額4.99ドルで提供されている「Apple Arcade」は日本国内で月額600円となっている。

10日間の無料トライアル期間が用意され、サービス開始時点では最初の12ヶ月間は月額1.99ドルで利用できるキャンペーンも用意されている。

利用できるAndroidデバイスはスマートフォンだけではなく、ラップトップやタブレットもサポート。「Google Play Store」の「バージョン16.6.25」以上、「Android OS 4.4」以上が条件。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Googleニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索