iPhone 5はメモリ(RAM)が1GBが搭載されている!クロック周波数は1066MHz!

apple a6

ハードウェアとしてグレードアップしている部分が大きいiPhone 59to5Macによると、新型iPhoneは1066MHzのメモリ(RAM)を1GB搭載しているそうだ!!


冒頭の画像にあるA6チップの右側に書いてある「K3PE7E700F-XGC2」というのは、以下のように読み取れるそうだ。

  • K3P:32ビットのデュアルチャネルLPDDR2メモリ
  • E7E7:512MBのDRAM ×2
  • 0F:クロック周波数(1066MHz)

よって、iPhone 5は1066MHzの1GBメモリ(RAM)を搭載されていると言えるそうだ!!

メモリを多く積まれていることによって、複数のアプリを起動しても「Suspended」の状態から「Not Running」の状態になりづらくなる。これは普段使っていて間違いなく恩恵を受けるはず。メモリが多い分、以前起動していたアプリの状態をキャッシュしてくれるので、切り替えた時に最後表示していた画面を再度表示してくれる可能性が高い

iOSのマルチタスクについては以下の記事でまとめてあるので、興味ある人はどうぞ!

今更聞けない、iOSのマルチタスクの仕組みについて解説しておく | gori.me

(via 9to5Mac

もっと読むiPhoneまとめ
あわせて読みたい