「iPhone 6 Plus」の予約にちょっと待った!片手フリック入力は不可能に近いらしい

iPhone 6 Plusのフリック入力 【img via AV Watch

電池持ちも圧倒的、光学手ブレ補正機能にも対応。確かに5.5インチというディスプレイサイズは巨大だが、ハンズオン動画を見ている限りでは「iPhone 6 Plus」一択であるとしか言いようがない。


…と思った矢先に、モバイルデバイスによるテキストメッセージを世界トップレベルに使いこなす我々日本人に大きな壁が立ちはだかっていることが発覚した。

なんと、iPhone 6 Plus」は片手によるフリック入力が不可能に近いらしい。5.5インチモデルにおける文字入力はQWERTYキーボードもしくは両手フリックを利用することになりそうだ。

iPhone 6 Plus」は「本当に必要な時だけ片手で操作するデバイス」?!

ジャーナリスト松村太郎さんの現地取材記事「2種類のiPhone6、どっちが「買い」か?」によると、「iPhone 6 Plusの日本語10キーではフリックができない仕組みになっていたようだ」と書かれている。なんという悲劇…!

そしてキーボードだ。iPhone 6 Plusでは、画面が広いためキー1つずつも大きいが、空いているスペースではワンタッチでコピーやペーストができたり、カーソル移動に対応する機能が用意された。ちなみに、現段階で、iPhone 6 Plusの日本語10キーではフリックができない仕組みになっていたようだ。また、一部のAndroidデバイスのように、テンキーを左右に寄せて利用することもできなかった。

via 2種類のiPhone6、どっちが「買い」か? | オリジナル | 東洋経済オンライン | 新世代リーダーのためのビジネスサイト


あまりにも衝撃的な内容だったので本人にこの内容を直撃したところ、フリック入力は機能としては提供されているが、利用するのは全くもって現実的ではない、とのこと。よって、フリックで文字入力する場合は両手フリック入力が必須条件になるのではないかと思われる。

なお、参考にAV Watchに掲載されていた「iPhone 6 Plus」でフリック入力画面を表示した状態の写真を載せておく。確かに片手で操作をするのは非常に厳しそうだ。

この点において、「iOS 8」向けATOKに対する期待は大きい。そもそもAppleの提供する日本語入力システムは最悪だ。iOSもひどいがことえりはシステム上から消し去りたいほどの酷さ。「iPhone 6 Plus」でも快適に利用できる文字入力システムがジャストシステムから提供されることを大いに期待したい。

【朗報】「iOS 8」向けATOKが開発中であることが明らかに!絶望するほど役に立たないiPhoneの日本語変換とおさらば! | gori.me(ゴリミー)

「iPhone 6 Plus」に特化した、サイズ感や大きさを知る上で参考になるハンズオン動画まとめ | gori.me(ゴリミー)


iPhoneはソフトバンクオンラインショップで!

▶ 今すぐチェック!

あわせて読みたい
iPhone 6 Plusのフリック入力

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法