学生みんなが特待生。

「iPhone 6 Plus」に特化した、サイズ感や大きさを知る上で参考になるハンズオン動画まとめ

iPhone 6 Plus

4.7インチディスプレイを搭載した「iPhone 6」、そして5.5インチディスプレイを搭載した「iPhone 6 Plus」。特徴や新機能などについては以下の記事にまとめてあるので、参考にどうぞ!

さて、今回「iPhone 5s」や「iPhone 5c」もしくは「iPhone 5」から買い換えようとしている人は少なからずいるはず。「iPhone 5s」「iPhone 5c」とのスペック比較はこちらの記事に、「iPhone 5」とのスペック比較はこちらの記事にまとめてあるが、スペックどうこうよりも気になるのはサイズ感。そこで以下の記事にハンズオン動画をまとめてみた。

スペックまとめでも紹介した通り、純粋な性能を比較した場合、「iPhone 6 Plus」の方が「iPhone 6」よりも高スペックだ。僕のように「最高性能・最高容量をとりあえず買っておけ」という人は間違いなくiPhone 6 Plus」の128GBモデルを狙っていると思うが、やはりどうしても5.5インチというサイズが実際に持った時にどうなのかが気になっている人も少なくないだろう。

そこで、今回は公開されているハンズオン動画の中でもiPhone 6 Plus」特化した、サイズ感や手に持った時の大きさがよく分かるハンズオン動画をまとめてみた!予約は今週金曜日16時から一斉受付開始となっているので、それまでに参考にどうぞ!

TechnoBuffalo

「iPhone 5s」と比較したところ。
iPhone 6 Plus

手に持ったところ。男性の手には一応収まっている。
iPhone 6 Plus

iPhone 6 Plus

横向きに傾けた時のフィット感。
iPhone 6 Plus

Cnet

Bloomberg News

手で持った時の様子。
iPhone 6 Plus

「iPhone 5s」と重ねてみたところ。本体が「iPhone 6 Plus」のディスプレイ内に収まるほど大きい。
iPhone 6 Plus

ブラウザを開いた時の雰囲気もこちらでどうぞ。iPhoneというよりは小型化された「iPad mini」のような印象さえも受ける。
iPhone 6 Plus

話題となっている片手操作モードも実演。このようなリストだと上の方は普通に届かない。
iPhone 6 Plus

ホームボタンをダブルタップすることによって画面全体が下方向にスライドし、上の方がタップできるようになる。
iPhone 6 Plus

Cult Of Mac

TechCrunch

手にした時のサイズ感もこちらでチェック。こうしてみるとそれほど大きいようには感じない。
iPhone 6 Plus

ホームボタンを押している様子。
iPhone 6 Plus

握った状態で右手の親指で一番左の列のアプリをタッチすることはできるようだ。左右は何とかなりそうだが、画面上部の方にあるアプリはやはり片手操作モードを駆使せずには難しそうだ。
iPhone 6 Plus

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」のスペック・新機能・価格まとめ!9月12日(金)予約開始、9月19日(金)発売開始! | gori.me(ゴリミー)

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と「iPhone 5s」「iPhone 5c」のスペックと価格を比較してみた! | gori.me(ゴリミー)

「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と「iPhone 5」のスペックと価格を比較してみた! | gori.me(ゴリミー)

iPhoneはソフトバンクオンラインショップで!

▶ 今すぐチェック!