ホームボタンを2回タッチ!「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」の片手モードのデモ動画が公開!

iPhone 6・6Plusの片手モード 【img via 9To5Mac

本日発表された「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の最大の特徴はディスプレイサイズが大きくなったということ。大きいディスプレイならYouTube鑑賞もウェブブラウジングも快適になることは間違いないが、やはり気になるのは片手での操作。どう考えても端から端まで届かない。一体どうすれば…?


噂通り、「iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」には片手操作モードが搭載されていることが明らかになった。この機能をAppleは「Reachability(リーチビリティ)」と呼んでいるが、ホームボタンをダブルタップすることによって画面全体が下方向に移動し、本来片手でタッチできることができない部分もタッチできることができるようになる仕組みだ。

9To5MacにReachabilityを利用しているデモ動画が公開されていたので、紹介する!

アプリだけではなく、ホーム画面でも利用可能

Reachabilityはアプリ画面内のみで利用可能な仕組みだと思っていたが、公開されたデモ動画によるとホーム画面でも利用できるとのこと。つまり、上の方に配置したアプリも片手で簡単にアクセスすることができるのだ。


画面全体が下方向に移動するため、上半分は真っ黒なデッドスペースとなることに違和感を感じるものの、片手でも操作できる仕組みを用意してくれたAppleに感謝だ。手間は掛かるが、無理矢理画面上部に触れようとして端末を落とすよりは便利だ。

【比較表】ドコモ・KDDI・ソフトバンクの新規・MNP・機種変の一括価格と実質負担額をチェック!


「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」のスペック・新機能・価格まとめ!9月12日(金)予約開始、9月19日(金)発売開始!


「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と「iPhone 5s」「iPhone 5c」のスペックと価格を比較してみた!


「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」と「iPhone 5」のスペックと価格を比較してみた!





(via 9To5Mac

あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に