「iPhone SE」を修理屋「SMART」で分解!これが本当の「開封の儀」だ

IPhone SE分解レポート

「iPhone SE」が発売され、その日のうちに分解レポートが公開された。僕は「iPhone SE / 64GB / スペースグレイ」を購入し「iPhone 6s Plus」から置き換えて使ってみているが、やはり片手で操作できるのは便利だ。

ところで、「iPhone SE」は「iPhone 6s の内部を持った iPhone 5s」であることが分解レポートで明らかになったが、実際にiPhoneを分解するというのはどのような作業が必要とされるのだろうか。内部の美しさに拘っているAppleだが、実際本当にiPhoneの内部は美しいのだろうか。

以前、「MacBook Air」のバッテリー交換サービスを開始したことを伝えた、iPhone修理・Android修理・パーツ・アクセサリ販売の専門店「SMART」の協力のもと、gori.meとして初めてiPhoneの分解作業に立ち会わせて頂くことができた!

まさに本当の「開封の儀」!慣れた手つきで次々と分解される様子にも興奮したが、何よりもリアル基盤を前にして思わずフガフガしてしまったのは言うまでもない。う、美しい!

普段、気にも留めないiPhoneを構成する部品を単体で見ることができるので、iPhone SE / 16GB / ローズゴールド」の分解レポート、どうぞご覧あれ!

※今回、特別にiPhoneの修理に関するgori.me読者限定の特別キャンペーンも用意して頂いたので、近々iPhoneを修理したいという人は最後まで読み進めるべし!

ネジ数本で取り外されたディスプレイ/フロントパネル

まずはフロントパネル/ディスプレイの部品をバックパネルと分離させるところから始まる。
IPhone SE分解レポート

底面にあるネジを外し、ヘラのような道具でこじ開けると……
IPhone SE分解レポート

……開いた!あっさりすぎてビックリ。
IPhone SE分解レポート

バッテリー部分が出現。やはりデバイスの大部分はバッテリーだ。
IPhone SE分解レポート

この時点で既に「iPhoneの内部は美しい」ということは事実であるということが言える。他のデバイスの内部を見たことがないので相対的に美しいかどうかは分からないが、正直これほど綺麗に整っているとは思っていなかった。
IPhone SE分解レポート

まだフロントパネル/ディスプレイの部品は本体とネジで取り付けられていたため、それらのネジを取り外す。
IPhone SE分解レポート

意外と指先でガツガツ取り外していたことにも驚いた。
IPhone SE分解レポート

フロントパネル/ディスプレイ用部品と本体、無事切り離し完了!
IPhone SE分解レポート

あわせて読みたい