「LINE電話」で通話するといくら?通話料金や料金プランをチェック!

LINE電話
【img via ライブドアニュース

本日、格安電話サービス「LINE電話」がAndroid版「LINE」で先行してリリースされたとLINE公式ブログで発表されている。LINEユーザー同士はこれまで通り「無料通話」、LINEを使っていない携帯電話や固定電話には「LINE電話」で低価格で通話することができるようになる。

「LINE」が起こす通話革命。「LINE電話」を使った場合の通話料金や料金プランについてまとめておいたので、紹介する!

「コールクレジット」と「30日プラン」を用意

「LINE電話」の料金支払い方法として、「コールクレジット」と「30日プラン」の2種類が用意されている。

いずれもプリペイド型。それぞれをざっくり説明すると、「コールクレジット」は自分がこれから使うであろう分の通話時間を事前にチャージして使うことができる。「30日プラン」は購入してから30日間、最大60分の通話時間を使うことができる。月の通話時間が60分以内であれば、「30日プラン」の方がお得になる計算だ。

項目 携帯電話への通話 固定電話への通話
コールクレジット 14円/分 3円/分
30日プラン(携帯・固定電話に発信可能、上限60分) 6.5円 6.5円
30日プラン(固定電話限定で発信可能、上限60分) 2円

「コールクレジット」の料金と通話時間

連絡先 1分あたりの料金(コールクレジット) 1,000円で話せる時間
携帯電話 14円(14クレジット) 71分
固定電話 3円(3クレジット) 333分

iOS、Androidいずれもアプリ内からチャージすることが可能。もちろん、LINEウェブストアで購入することもできる。

なお、Android限定で、「コールクレジット」は「LINEコイン」を使うことが可能。1つのLINEコインで2コールクレジットを購入することができる。ただし、この変換レートは変更する可能性があるとのこと。

「30日プラン」の料金と通話時間

連絡先 通話可能時間 1分あたりの料金 料金
携帯電話 60分 2円 120円
固定電話 60分 6.5円 390円

月の通話時間が60分以内であれば、「30日プラン」の方がお得。ただし、30日以内同じ種類の「30日プラン」を複数購入することはできない。また、期間が終了しても、通話残高は繰り越すことができない

通話料金一覧をチェック!世界中どこにいても料金は一定!

「LINE電話」の魅力は世界中どこにいても低価格料金で通話できること。日本国内の通話料金は冒頭で紹介したが、その他の国への通話料金は以下のページからどうぞ!

通話料金一覧 – LINE電話 | LINE(ライン)