LINEとヤフーの持ち株会社Zホールディングス、経営統合を発表

LINE取締役CSMOの枡田氏、心境をキングダムやONE PIECE、ドラゴンボールからのシーンを使って説明

Yahoo and LINE

LINEと、ヤフーの持ち株会社Zホールディングスは11月18日、経営統合に関する基本合意を締結したと発表した。2020年10月までに手続きを終える予定。LINEの親会社NAVERがLINE株の共同公開買付(TOB)を行い、LINEを非上場化する方針も明らかにしている。

公開資料によると、ヤフーの顧客基盤は平均月間利用者数(MAU)6743万人、アプリ合算でMAU1.4億人。LINEは国内MAUが8200万人、海外MAUが1.04億人。

LINE and Z holdings 2

Zホールディングスの経営幹部も一新され、現LINEの出澤剛氏が代表取締役共同CEO、現Zホールディングスの川邊健太郎氏が代表取締役社長共同CEOに就任する。

経営統合の目的として、「経営資源を集中し、それぞれの事業領域の強化や新規事業領域の成長投資を行うことにより、日本のユーザーに対し便利な体験を提供し、日本の社会や産業をアップデートしてまいります」と説明。

また、基本方針として「それぞれの新規事業領域における成長を目指して事業投資を実行することで、日本及びグローバルにおける熾烈な競争を勝ち抜くことができる企業グループへ躍進することを目的として、ZHD及びLINEが台東の精神に則って本経営統合を行うものです」としている。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「テクノロジー」新着記事
トレンド検索