LINE、個人情報取り扱いの報道に対するコメントを発表

LINEに対し、外部からの不正アクセスや情報漏えいが発生した報告はないという

LINE Logo official

LINEは3月17日、国内ユーザーの日本国外での個人情報の取り扱いに関する報道に対し、見解を発表。「ユーザーの個人情報に関する一部報道について」を公開した。

LINEに対し、外部からの不正アクセスや情報漏えいが発生した報告はないという。またトークテキストやプライバシー性の高い個人情報(名前・電話番号・メールアドレス・LINE ID・トークテキストなど、それひとつでユーザー個人を特定できるもの、または金銭的被害が発生する可能性があるもの)は、原則として日本国内のサーバーで安全に管理されていると説明している。

トークの内容は「LINEのサーバー管理者であっても閲覧できない」

「日本のサーバー内にあるトークがアクセス可能」と報道されていたが、LINEは、ユーザー間のトークテキストや通話の内容については暗号化を行っており、データベースへアクセスするだけではデータの中身を確認することはできないと指摘。LINEが開発した「Letter Sealing」というエンドツーエンド暗号化プロトコルにより、LINEのサーバー管理者であっても閲覧できないそうだ。

LINEは世界複数箇所にデータセンターを設けている。日本と韓国で保管されているデータは以下のとおり。

  • 日本のデータセンターで保管されているデータ
    • トークテキスト・LINE ID・電話番号・メールアドレス・友だち関係・友だちリスト・位置情報・アドレス帳・LINE Profile+(氏名、住所等)、音声通話履歴(通話内容は保存されません)、LINE内サービスの決済履歴 等
  • 韓国のデータセンターで保管されているデータ
    • 画像・動画・Keep・アルバム・ノート・タイムライン・LINE Payの取引情報(ユーザー個人を識別することはできません)

画像や動画などのデータは、韓国のデータセンターにて適切なセキュリティ体制のもとで管理。画像・動画を保管するサーバーは、今後の各国の法制度等の環境変化に合わせて、2021年半ば以降、段階的に国内への移転を行う計画を進めているそうだ。

今回の報道において言及されている国外での開発・運用業務についてなどの詳細は、下記リンクより確認してもらいたい。

関連情報
更新日2021年03月17日
コメント(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:598906)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:598665)
    LINEのセキュリティなんて、今の中国人の勢いを考えると、にアクセス権与えた時点で情報抜き取り完了してそうな気がする。

    悪用されるかは分からないがデータは抜き取られてるでしょうね。

  2. 通りすがりの読者(コメントID:598665)

    LINEのセキュリティなんて、今の中国人の勢いを考えると、にアクセス権与えた時点で情報抜き取り完了してそうな気がする。

「LINEのニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索