LINE、「LINE Pay 請求書支払い」を開始

LINE Payments

LINE Pay株式会社は3月6日、LINE内で提供している電子決済サービス「LINE Pay」において、公共料金や通信販売などの請求書上に印刷されたバーコードをスマートフォンで読み込むだけで支払いができる「LINE Pay 請求書支払い」のサービスを開始したことを発表した

従来の請求書支払いは対応店舗に請求書と現金を持参する必要があったが、「LINE Pay 請求書支払い」を利用すれば、仮に手元に現金がなかったとしてもスマートフォンのみで、いつでもどこでも支払いが可能になる

「LINE Pay 請求書支払い」の利用方法、対応企業

「LINE Pay 請求書支払い」を利用するためには、「LINE Pay」のアカウントを開設し、事前に銀行口座やコンビニなどで残高のチャージを行った後に、請求書に明記されているバーコードを「LINE Pay」のコードリーダーで読み込む、という流れとなっている。

「LINE Pay 請求書支払い」の利用手順

Payslip how to

  1. スマートフォンの「LINE」内、「LINE Pay」から「請求書支払い」をタップ
  2. 案内を読んで次へ進むと、コードリーダーが立ち上がる
  3. 手元の請求書のバーコードを読み取る
  4. 画面上に表示された請求内容を確認する
  5. 支払いを行う
  6. パスワードを入力する
  7. 支払い終了(完了時点でLINEにメッセージが届く)

一部企業を除き、今後支払い時に「LINEポイント」の利用も可能になる予定とのこと。

3月6日から東京電力エナジーパートナーが利用可能になり、電算システムが4月から、SMBCファイナンスサービスおよび三菱UFJファクターが5月以降に順次サービスを開始予定となっている。

まだ対応企業は少ないが、増えれば増えるほど便利な世の中になるので、迅速な対応を期待したいところだ。