LINE Pay、Apple Payに対応 iD端末にかざして決済が可能に

Apple Pay設定時にバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」が発行される

Line pay apple pay

LINE上で展開するモバイル送金・決済サービス「LINE Pay」は12月22日、Apple Payを開始したと発表した。

ユーザーはLINEアプリ上からApple Payを設定することで、国内121万箇所以上(2020年9月時点)の店舗に設置されたiD端末にiPhoneやApple Watchをダブルクリックしてかざすだけで、QRコード決済と共通のLINE Pay残高での支払いが可能になる。

「LINE Pay」残高をiDとして決済できるようにする仕組みとして、Apple Pay設定時にバーチャルカード「Visa LINE Payプリペイドカード」が発行される。Visa加盟店でのオンラインショッピングにも利用できる。

LINE PayをApple Payで設定する方法

設定方法は以下のとおり。

  1. LINEアプリの「ウォレット」または「LINE Pay」メインメニューにある「Apple Pay」のアイコンをタップ
  2. 「はじめる」をタップ
  3. 「Visa LINE Payプリペイドカード」発行の案内画面で「確認」を2回タップ
  4. 規約の内容を確認の上、「同意します」をタップし、パスワードを入力
  5. Apple Payの案内画面で「続ける」をタップ
  6. Apple Payにカードを追加
  7. Walletのメインカードに設定するかを確認する(しなくても利用可能)
  8. 「設定が完了しました」と表示されたら完了。

How to use apple pay on line pay

関連情報
更新日2020年12月22日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「LINEのニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索