macOS Mojave:アップデート後、自動ログアウトとカーネルパニックのループになった時の対処法

Macbook pro trouble screen

macOS Mojave」の致命的な不具合として、一部Macではアップデート後にログイン後、自動的にログアウトされてしまうという謎のバグ報告されている。アップデートすると伝えなくなるOS、怖すぎでは……。

Apple CommunityMacRumors Forumsでも報告され、ログイン直後に勝手にログアウトされる様子が動画も公開されている。

幸いにも僕のマシーンでは遭遇していないが、YOTALABO(ヨタラボ)よーたくんがこの不可解な現象に遭遇。メッセージのやり取りをしながら無事に解決したので、macOS Mojave」にアップデート後、自動ログアウトとカーネルパニックのループになった時の対処法として紹介する!

「FileVault」と「ダークモード」が原因である可能性

よーたくんは、「macOS High Sierra」の最新バージョンから「macOS Mojave」にアップデート。使用しているMacは僕と同じ13インチ型「MacBook Pro 2018」だ。

細々とした設定はさておき、「ダークモード」(メニューバーとDockだけが黒くなるモード)の状態「FilVault」が有効化されていたという。

アップデート後、しばらくの間は問題なく使えていたのだが、少し経つとカーネルパニックが発生していることを確認。OSが勝手に再起動しているのを4、5回確認したという。

その後、ログインしても勝手にログアウトされる「ログインループ問題」に遭遇。しばらく放置した結果、無事ログインできたようだが、翌朝Macを見たところカーネルパニックで再起動していることを確認。そしてまたしてもログインループに入ってしまった。

打つ手がなく、1週間ほど放置してから再度トライ。やはりログインページをループしてしまう現象は変わらず。画面は真っ黒、キーボードも「Touch Bar」も動作しないが、「caps lock」は点灯することを確認。ログイン画面も非常に動きが遅く、乱れていた。

データや設定を残したままOSを再インストールし、カーネルパニックを起こした時に試したい8つの対処法を試し結果、一時的にログインすることに成功できたため、「FileVault」と「ダークモード」どちらも無効化したことによって解決

この時、セーフブートも試したものの、セーフブートの状態に入ることができず、何度トライしても本来画面上部に表示されるはずの「セーフブート」と表示されなかったという。

このことから、「macOS Mojave」そのものの不具合なのか、Mac内で動作しているアプリケーションや設定がカーネルパニックやログインループの引き金となっているのか、分かっていない。

ちなみに、僕自身は「Bridge OS」が原因でクラッシュし、カーネルパニックが発生する現象を回避するために「FileVault」は無効化し、「ダークモード」も過去に動作不良の原因となったため、無効化済み。「macOS Mojave」は非常に安定している。

「macOS Mojave」にアップデート後、ログインループやカーネルパニックなどの不具合に見舞われている人はこの機会に試してみてはいかがだろうか。

もっと読むmacOS Mojaveまとめ