「MacBook Pro 2018」でも「Bridge OS」が原因でクラッシュし、カーネルパニックが起きる

Bridge OS Crash

「MacBook Pro 2018」で「Apple T2」チップが原因でカーネルパニックが起きている可能性があると伝えたが、僕の購入したモデルでもやはり「Bridge OS 2.4.1」が原因でクラッシュし、カーネルパニックが発生。最新モデルでも確かに実在する不具合であることがわかった。

問題が発生したためコンピュータを再起動しました」とのメッセージが表示され、レポート内容を確認したところ、「Apple T2」チップの「Bridge OS」が原因であることがKernelの問題レポートから判明した。

「FileVault」をオフにすることによって暫定的に回避可能

初回のクラッシュはスリープから復帰後に発生。お昼ご飯を食べたあとにMacを使おうとした結果、クラッシュした。

同日に2回目のクラッシュが発生し、この時は作業中に突然Macがシャットダウン。特にこれと言った不自然な作業はせず、いつもと変わらない作業をしていた時に、外部ディスプレイ含めてすべてブラックアウト。

突然シャットダウンされるのは困るため、暫定的に回避するために「FileVault」の無効化を実施。以後、今のところは無事動作しているようだ。

Mac BridgeOS Fail FileVault Off 01

また、Appleに相談したユーザーによると「Power Nap」の無効化を案内されたようだが、僕はすでに無効化していた。「Apple T2」チップに関係しそうな機能をオフにすることによって動作が安定しているようだ。

「Apple T2」を搭載してセキュリティを高めているはずが、動作不良を起こし結果的にセキュリティを高める機能をオフにしなければならないのは本末転倒。Appleは「Apple T2」チップが原因でカーネルパニックが発生する不具合について調査しているそうなので、早く原因を解明し、ソフトウェア・アップデートとして修正してもらいたい。

あわせて読みたい