Apple、Safari 13.0をMac向けに正式リリース

機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨される

Safari 13 0 update

Appleは9月20日、「Safari 13.0」のアップデートをMac向けに正式リリースした。機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨されるとのこと。

最新バージョンではスタートページがアップデートされ、タブのオーディオボタンからピクチャ・イン・ピクチャを有効にする機能を追加され、Webサイトへのサインインで安全性の低いパスワードが入力されたときに警告を表示し、強力なパスワードへのアップグレードを提案するなどの新機能が含まれている。

システムアップデートがMac App Storeではなくシステム環境の中に移動しているので、お間違いのないように!

Safari 13.0のリリースノート

Safari 13アップデートには、以下の機能改善、およびプライバシー、セキュリティ、互換性の強化が含まれ、すべてのユーザに推奨されます。

  • スタートページがアップデートされ、お気に入り、よく閲覧するWebサイト、および最後に閲覧したWebサイトが表示されます
  • Webサイトへのサインインで安全性の低いパスワードが入力されたときに警告を表示し、強力なパスワードへのアップグレードを支援
  • タブのオーディオボタンからピクチャ・イン・ピクチャを有効にする機能を追加
  • Webサイトのアドレスをスマート検索フィールドに入力したときに、検索結果のリストからすでに開いているタブに直接ジャンプすることが可能になります
  • USBセキュリティキーを使用して認証を行うWebサイトに対応


このアップデートのセキュリティコンテンツについて詳しくは、次のサイトを参照してください: https://support.apple.com/kb/HT201222

コメントを残す(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(1件)
  1. 9.99

    このアップデートでautopagerが使えなくなりました

「macOS Mojave」新着記事
トレンド検索