「macOS 10.15」、iPadをサブディスプレイ化できる新機能「Sidecar」を提供か

IpadmanFTHG1275 TP V using ipad and macbook

もうiPadをMacのサブディスプレイとして活用するためにわざわざサードパーティ製のアプリやハードウェアを購入する必要がなくなるかもしれない。

9to5MacがmacOSの開発に精通した人物から入手した情報によると、Appleは「macOS 10.15」でiPadを外付けディスプレイのように利用できる機能を含む、ウィンドウマネージメント機能を改良すると報じている!

iPadに表示されたウィンドウにはApple Pencilで書き込むことが可能に

iPadのサブディスプレイ化アプリは専用ハードウェアによってMacのGPUを活用できる「Luna Display」が最善の策と言われていたが、ついにAppleが純正機能として提供するようだ。

Apple内部では「Sidecar」と呼ばれ、アプリの特定ウィンドウを外部モニターに移動できる機能。この外部モニターはMacに直接繋がれた外付けディスプレイだけではなく、iPadも含まれているとのこと。

「Sidecar」はウィンドウの左上にある緑色の「最大化」ボタンの上にマウスカーソルをホバーすると新たにオプションとして「フルスクリーン表示」「タイル表示」「外部モニターに移動」の選択肢が出現するという。

Finder buttons

この「外部モニターに移動」の選択肢として、Macに接続されているiPadがあれば利用できるとのこと。移動後、外部モニターではフルスクリーンで表示される。

iPadに出力した場合、「Apple Pencil」を使用することが可能。実質的にiPadをワコムタブレットのように使うことができ、iPadとMacの連携力が向上する。

他にもAppleのエンジニアはウィンドウを画面の一部に寄せるとリサイズされ貼り付く機能も準備しているとのこと。これらの機能はWindowsでは昔から提供され、Macでも「BetterSnapTool」などのサードパーティ製アプリをインストールすれば利用できる。

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「macOSニュース・噂 ・最新情報」新着記事
トレンド検索