Macアプリ「BetterSnapTool」が便利すぎる!キーボードでウィンドウをリサイズできる!



Windows 7ではディスプレイの端にウィンドウをドラッグするとウィンドウをリサイズしてくれる「Aero Snap」という機能があるのだが、それが思いの外便利だったのでMacでも同様のことができるBetterSnapToolをインストールしてみた。これが予想以上に便利なので、紹介する。


BetterSnapToolはBetterTouchToolの開発者が作ったアプリケーション。Windows 7のようにウィンドウをドラッグしてリサイズしてくれるだけではなく、キーボードショートカットを割り当てることもできる。そもそもOS X Lionはフルスクリーンで使用することを推奨するようになっているのであまり使わないと思いきや、使い始めると想像以上便利で逆にフルスクリーンを使わなくなる(⇐僕のことです)。

General Settings

まずは基本設定。ここでウィンドウをディスプレイ端にドラッグした時の挙動を決める。僕の場合は全て有効にしている。
基本設定

Customizations

「Customizations」のタブでは見た目のカスタマイズが可能。僕はデフォルト設定そのまま。


Keyboard Shortcuts

ここでキーボードショートカットが設定できる。初期設定が一切ないので、僕の設定を公開しておく。
  • フルスクリーン:Command + Control + ↑
  • 左半分にフィット:Command + Control + ←
  • 右半分にフィット:Command + Control + →
  • 下半分にフィット:Command + Control + ↓
  • 真ん中:Command + Control + –


Extras

付加機能の設定。右クリック、もしくはマウスを使っているのであれば真ん中のボタンをクリックした時の挙動を指定することができる。普段からマウスを使っていないので、僕の場合はデフォルト設定そのまま。


ウィンドウをリサイズしたところ

フルスクリーンにしてみた!


右半分にリサイズしてみた!


キーボードショートカットマニアにはオススメ!

キーボードで何でも設定するのが好きな人は、BetterSnapToolはたまらないはず!トラックパッドやマウスに手をやらなくてディスプレイ内のウィンドウが整理されるのは使い始めるとその便利さがよく分かるので、170円とお手頃な値段なので試してみるべし!



あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 「iPhone 8」、Touch IDと顔認証を組み合わせた2段階認証技術を開発中か
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. 【20%オフ】「Affinity Designer」「Affinity Photo」がセール中
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!