ソフトバンクオンラインショップ

BetterSnapTool:キーボードショートカットでウィンドウをリサイズできるMacアプリ

僕が割り当てているおすすめのキーボードショートカットや設定も公開

「Windows 7」には、ディスプレイの端にウィンドウをドラッグするとリサイズしてくれる「Aero Snap」という、非常に便利な機能がある。

macOSにはそのような機能は用意されていないが、同様の機能を利用でき、キーボードショートカットなどでカスタマイズできるMacアプリがある。

それが、「BetterSnapTool」。いちいちマウスでウィンドウのリサイズをする手間を省くことができ、作業効率が大幅に向上した!

キーボードショートカットを使いこなせば作業効率アップ

「BetterSnapTool」は、BetterTouchToolの開発者が作ったアプリケーション。「Windows 7」のようにウィンドウのドラッグによるリサイズに加え、キーボードショートカットを割り当てることも可能。

設定画面がすべて英語。英語に抵抗がある人でもこの便利なアプリの恩恵を受けてもらえるように、「BetterSnapTool」の設定画面を解説する。

General Settings

General Settings」は、基本設定。ウィンドウをディスプレイ端にドラッグした際の挙動を決める。僕は、全て有効にしている。

Better Snap Tool Settings

Customizations

Customizations」は、見た目のカスタマイズが可能。僕はデフォルト設定そのまま。

Better Snap Tool Settings

Keyboard Shortcuts

Keyboard Shortcuts」は、キーボードショートカットが設定できる。インストール時では何も設定されていないため、初期設定の参考として僕の設定を載せておく。

  • フルスクリーン:Command + Control + ↑
  • 左半分にフィット:Command + Control + ←
  • 右半分にフィット:Command + Control + →
  • 下半分にフィット:Command + Control + ↓
  • 真ん中:Command + Control + –

Better Snap Tool Settings

Extras

Extras」は、いわばオプション設定。マウスを使っていれば、中央のボタンをクリックした時の挙動を指定することができる。僕は、デフォルト設定から変えていない。

Better Snap Tool Settings

実際にウィンドウをリサイズしてみた結果

「Better Snap Tool」を設定すると、その時、自分が使いたいウィンドウサイズに素早く変更できるため、作業効率が劇的に向上する。

ディスプレイ全体を覆うように表示するのも、キーボードショートカットを駆使すれば一瞬!

右半分への移動も簡単だ。

トラックパッドやマウスを触れることなく、ウィンドウをリサイズできることによって作業そのものに集中でき、複数アプリを同時に見ながら作業する時にも役立つ。特に、キーボードで何でも設定するのが好きな人は、「BetterSnapTool」は絶対に導入するべきアプリだ。

関連情報
更新日2020年01月09日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Macアプリの使い方・設定」新着記事
トレンド検索