MX Master 3でトラックパッドの強タッチを再現する方法

複数のボタンが用意されている高性能マウスだからこそ実現できるトラックパッドの強タッチ

Logicool MX Master 3 Review 04

僕は自宅で作業する時は16インチ型MacBook Pro(2019)のトラックパッドよりも高性能マウス「MX Master 3」を使うことが多い。トラックパッド派とマウス派は共存していて全く問題ない人種であり、余計な争いは避けたいところだが、マウス派としては事実としてトラックパッドの方がしやすい操作もあると感じている。

そのうちの1つが、感圧トラックパッドを利用した強タッチ。最近のMacBookに搭載されているトラックパッドにあるクリックよりもさらに深く押し込む機能だが、分からない単語を内蔵辞書で素早く調べられることから重宝している。

Setting up Force touch on mxmaster3 01

これまでは強タッチを使いたい時にトラックパッドで操作するようにしていたが、9to5Mac「MX Master 3」で強タッチを再現する方法を解説していたので、その設定方法を紹介する!

「Logi Options」で強タッチ用ボタンに「調べる」を指定する

設定方法は非常に簡単。トラックパッドは通常のクリックからさらに押し込むことで強タッチになるが、「MX Master 3」では「強タッチ用のボタン」を設定アプリケーション「Logi Options」で指定する必要がある。

僕の場合はマウスホイールを選び、一覧から「調べる」を指定。これで強タッチと同じ操作をすることができる。
Setting up Force touch on mxmaster3 02

Google Chromeでは辞書を呼び出す以外の機能は利用できないが、Safariではリンクを強タッチするとリンク先をプレビューできるので便利。いわばブラウザ上の「Quick Look」のような使い方ができる。
Using Force touch on safari 01

なお、意外と知らない人も多いかもしれないが、この機能はiPhoneでもリンクを長押しすることで同じことができる。

そもそも内蔵辞書を必要としている人が少ないかもしれないが、「MX Master 3」を使っている人で強タッチが使えるようにしたかった人は設定してみるべし!

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用周辺機器」新着記事
トレンド検索