Logitech、MX Master 3を正式発表 すでに良いマウスをさらに改良

スクロールウィールが機械式ではなく電磁気式に改良され、ボタンの位置もより使い勝手を向上させるために変更

MX Master 3

Logitechは米国時間9月4日、新型マウス「MX Master 3」と新型キーボード「MX Keys」を正式に発表した。

「MX Master 3」はすでにマウスとして非常に優れている「MX Master 2S」をさらに改良。基本的な形状や4,000dpiまで設定できるセンサーは現行モデルを引き継いでいるようだが、スクロールウィールが大幅に改良され、機械式ではなく電磁気式に改良。充電端子もようやくMicro USBではなくUSB-Cが採用されるようになった。

ウィールのラバーコーティングも廃止され、完全にステンレススチール製となっていて、質感が増している模様。親指側にあるボタンの位置やスクロールウィールのデザインも一部変更され、同じくステンレススチール製となっている。

引き続きBluetooth接続またはLogitech Unifying USBレシーバーを使ってMac/PCと接続することが可能。「Logitech Flow」を使って最大3つのコンピューターを行き来することができる。

Logitechは同時にバックライト付きのワイヤレスキーボード「MX Keys」を発表。「Craft」のようなダイヤルはない代わりに価格が抑えられている模様。

両製品ともに米国では99ドルで今月後半から販売予定。

コメントを残す(2件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

コメント一覧(2件)
  1. ぽい

    初代モデルを使ってますが形状はかなり変わってますね。スリムになってるから現行モデルと比べて手の小さい人にも受け入れられそうですね。欲しい!

    1. g.O.R.i

      あれ、結構変わってますかね?!見た目は同じ感じだなーって思ってたんですけどスリム化してたか…!

「Mac用周辺機器」新着記事
トレンド検索