ゴリミーのマルチモニター活用方法:デュアルディスプレイ+iPad Pro(Sidecar)が作業しやすい

基本デュアルディスプレイ、時々トリプルディスプレイをどのように使っているかを解説

GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 15

作業環境の快適さは、作業効率に比例する。僕は5年かけて、Mac本体、外部ディスプレイ、周辺機器、机、椅子など、あらゆるものを試しながら理想の「ゴリミーの作業環境」を目指してきた。

中でもディスプレイの果たす役割は重要だ。外部ディスプレイの枚数や配置で、作業効率が大幅に向上する可能性がある。試行錯誤を重ねた結果、4Kディスプレイを並べて配置したデュアルディスプレイ環境を基本として、必要に応じて12.9インチ型iPad Proをサブディスプレイとして使用するトリプルディスプレイ環境が僕にとって最も作業しやすいことが分かった。

4Kデュアルディスプレイを横並びに設置する

GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 01

最新の作業環境では、2枚の4Kディスプレイを並べて配置している。2019年2月に書いた記事によると、「視線の目の前にディスプレイの境目があることや、目の前のディスプレイは平面になっている方が良いのではないかという思い込みにより、却下」と否定的だったが、今はこの構成が作業しやすい。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 02

横並びに変えた最大の理由は、デスクスペースを確保したかったから。MacBook Proを閉じた状態で立てられるスタンドに配置し、さらなるスペースを確保できた。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 04
Satechi製の縦型スタンド

使い始める前は、目の前にディスプレイの境目があることを懸念していたが、今は全く気にならない。その理由は、2枚のディスプレイの使い方が関係している。

ディスプレイの使い方:使用頻度の高いアプリを中央に集める

僕は、2つのウィンドウを並べて作業する機会が多い。1枚のディスプレイに並べるより、頻繁に使用するアプリを2枚のディスプレイの中心に寄せると作業がしやすい。

左ディスプレイの内側にはブラウザ(Google Chrome)、右ディスプレイの内側にはブログエディタ(MarsEdit)を配置。左ディスプレイの左側はTwitterアプリ(Tweetbot)を常時表示、右ディスプレイの右側は、作業場として使用しているデスクトップが表示され、テキストエディタ(CotEditor)、画像圧縮アプリ(JPEGmini Pro)、メールアプリ(Spark)、Finderなどを表示している。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 06 2

ディスプレイ間の、ウィンドウの移動やリサイズはBetterSnapToolを使用し、キーボードショートカットで切り替えている。

使用頻度が高いアプリは中央、常時起動しておきたいアプリは両端に割り振っている。27インチ型の4Kディスプレイを2枚並べていても、必要以上に首を振る必要はない。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 06 3

なおDockは右ディスプレイの画面下に配置し、「自動的に非表示」を有効化している。Dockは、特定のアプリでファイルを開く時、または起動しているアプリの把握する時にしか使わないため、常時表示する必要はない。アプリの起動は主に「Alfred」を使用している。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 14

12.9インチ型iPad ProをSidecarで使用する

GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 05

Slack、Facebookメッセンジャー、LINEなどを使って同時並行でコミュニケーションを使用する時は、ディスプレイの手前に設置してある12.9インチ型iPad Pro(2020)を使い、iPadをサブディスプレイ化できる純正機能「Sidecar」を活用している。
Display settings 02

必要に応じてワンクリックで外部ディスプレイを追加できる

Sidecarのメリットは、必要に応じてワンクリックでサブディスプレイ化できる点にある。意味もなく3枚目のディスプレイを追加すると、カーソルを見失う、気が散り作業に集中できない、MacBook Proのリソースを余分に使うなど、デメリットが多い。

12.9インチ型iPad Proは、解像度1,366 x 1,024のディスプレイとして表示される。主にチャットツールを表示するには十分な広さ。11インチは、やや手狭に感じた。2枚のディスプレイの手前に設置することで、視界を左右に振る必要がない。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 13

ディスプレイを切り替える度にウィンドウの配置が崩れる、というトラブルは、「Stay」で解決する。

iPad Proとしての機能も利用できる

SidecarはOSに組み込まれた機能。サブディスプレイとして使用しながら、並行してiPad Proとしても使える。最近はApple Pencilを使い、アイキャッチ画像を作る機会が増えている。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 08

通常のホーム画面を表示し、AirDropでiPad Proにファイルを移動。Apple Pencilでマークアップし、再度AirDropでMacに送り戻す、というフローで作業している。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 09

iPad Proは、Amazonベーシック製スタンドに立てている。Apple Pencilとして使いやすくするために、USB-Cポートはマグネット式になる変換アダプタを導入した。簡単に電源を外せるため、重宝している。
GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 11

理想への追求は続く

GoriMe How I Use My 2 Moniters and iPadPro Setup 10

作業環境は、作業効率だけを重視すれば良いわけではない。モチベーションが上がる環境であることも同じぐらい重要だ。僕の作業環境は一般的に見て”やりすぎ”かもしれないが、僕にとっては最も作業がしやすい場所だ。デスクの前に座るとスイッチが入り、「よし、やるぞ」という気持ちになる。

2020年5月時点では、2枚の4Kディスプレイによるデュアルディスプレイ構成に、必要に応じて12.9インチ型iPad ProをSidecarで使用する”臨時トリプルディスプレイ構成”が最も快適だが、今後もさらに上を目指して理想を追求していきたい。

特集
関連情報
コメント(19件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. しゃむはむ

    こんにちは。
    4Kディスプレイ2枚はやっぱり圧巻ですね!
    …ところで、写真からはよく分からなかったのですがコンセント周りってどうしてます?機器が沢山あるとカオスになりません?

    1. g.O.R.i

      コンセント周りは今回の記事のコンセプトではないですからねぇ!コードラックみたいなのを設置して、床に置かないといけないものはケーブルボックスみたいなのに入れてますよん!!でもあんまり参考にならない配線なので、洗練させることができたら記事化しますねw

  2. 通りすがりの読者

    かっこいいですね
    スピーカーは何使ってますか?

    1. g.O.R.i

      もうずーっと同じ、「Bose Companion 20 multimedia speaker system」を使い続けていますね……何年ぐらい経つのだろうか……🤔ここにも書いておきました → https://gori.me/mac/mac-setups/124760

  3. こっぺぱん

    こまかいことは抜きにしてかっちょいいです!
    コックピット的なのは男のロマンですね!!

    1. g.O.R.i

      細かいことは抜きにしてワロタwwwロマンの追求大事!!

      1. こっぺぱん

        自分は形から入るもので(笑)

        ちなみにこの環境で使うときのMacbook本体のファンや熱はどんな感じなのですか?

        1. g.O.R.i

          強烈に冷却しているので、通常使用している状態と全く変わらないファンの回転数ですよ!

          1. こっぺぱん

            参考になります!
            いや〜、Macbook Pro13インチ2020届いて使ってますが、いいですね!
            15インチ2016からの変更なので、キーボードがこんなに快適になるとは!
            外付けのキーボードもあるのに、わざわざ本体でタイピングしてたりしますw

            この機会に4KディスプレイもDELLのU2710QMに変えて、こちらも快適です。
            ゴリさんを参考にマイ・コックピットを再構築していこうと思います!

  4. 匿名

    作業中の顔つき、精悍さが増してますねw

    1. g.O.R.i

      マジですかwwwありがとうございます😉

  5. Apple大好きマン

    iPadが多い!!
    でもすごい憧れる環境です。

    1. g.O.R.i

      確かにiPadは多いですね笑。でも実際にディスプレイとして使っているのは12.9インチモデルだけです!

  6. たってぃん

    iPad Proとpencilのアイキャッチ良いですね!
    これでiPad Proを買う理由ができました😉

    1. g.O.R.i

      この記事もiPad ProとApple Pencil使ってますしね!!

      1. たってぃん

        そうそう!個性が出て良いと思いました!!
        リモートワーク補助金を申請中なのでiPadProで買います(笑)

        長らくゴリさんの作業環境の変遷を知っているだけに、良いアップデートをされているなーと感心します。

        1点質問です。
        MacBook Proを閉じた状態で使うとなると「touch ID」はどうされています??

        1. g.O.R.i

          Touch IDは犠牲にしてますね……仕方なし…

          1. たってぃん

            やむなーし😭

            返信ありがとうございました。
            iPadのFace IDがあるからある程度まかなえていると察します😉

          2. g.O.R.i

            Macの場合はApple Watchで認証できるシーンもあるので、意外とそこまで困らないですねぇ。しかもTouch IDが内蔵されたMagic Keyboardが仮に出たとしても、今のキーボードを気に入っているので多分使わない気が……

「Macのある作業環境・ワークスペース」新着記事
トレンド検索