16インチ型MacBook Proの内蔵ディスプレイを活かしたトリプルディスプレイ(+iPad Pro)作業環境

MacBook Proの高品質な内蔵ディスプレイを使用できる構成としてとても魅力的だったが、懸念点も

New Desktop Setup for GoriMe House Workspace 05

16インチ型MacBook Pro(2019)をmacOS Catalina 10.15.5にアップデート後、自分の環境ではスリープから復帰せずクラッシュする不具合に連日悩まされているmacOS Catalina 10.15.5追加アップデートも効果がなく、MacBook Proクラムシェルモード外部ディスプレイに接続している限り、スリープ後は必ず強制的に再起動する。

試行錯誤の末、ディスプレイを開いた状態で外部ディスプレイに接続しておくことで、回避できることを発見。外部ディスプレイを活かすべく、16インチ型MacBook Proの内蔵ディスプレイを活かしたトリプルディスプレイ作業環境に移行してみた。

MacBook Proの内蔵ディスプレイをメイン、左右の外部ディスプレイをサブに

左右対称のほうが見た目が美しいという理由で、MacBook Proの左右に27インチ型4Kディスプレイを配置した。内蔵ディスプレイはメインの作業領域として使用するには狭いが、ディスプレイ品質は高いため写真の現像作業を安心して行える。Touch IDも使えるようになった。
New Desktop Setup for GoriMe House Workspace 03

ディスプレイ配置は以下のとおり。外部ディスプレイの高さに合わせるため、Twelve South Curve Stand for MacBookサンワダイレクト製のモニタースタンドの上に載せている。
GoriMe desk setup display positions 02

内蔵ディスプレイの疑似解像度は、外部ディスプレイに合わせるため1,526 x 960に設定した。
GoriMe desk setup display positions 03

MacBook Proから外部ディスプレイへの出力は、Caldigit TS3 Plusを経由しThunderbolt 3ケーブル1本で実現。外部ディスプレイと重なるが、構造上仕方ない。
New Desktop Setup for GoriMe House Workspace 06

トリプルディスプレイ作業環境の活用方法と欠点

標準がトリプルディスプレイ構成になるが、12.9インチ型iPad ProをMacBook Proの手前に設置し、必要に応じて4画面構成を可能にした。
New Desktop Setup for GoriMe House Workspace 02

デュアルディスプレイ構成と比べて外部ディスプレイを内向きにしているが、両端が見づらいと感じた時はiPad Proを追加する。
GoriMe desk setup display positions 01

ディスプレイの使い分けとしては、主な作業環境がMacBook Proの内蔵ディスプレイ、左ディスプレイにGoogle Chrome、右ディスプレイにチャットツールおよびTweetbotを配置している。Dockは内蔵ディスプレイの下部に置いてある。
New Desktop Setup for GoriMe House Workspace 05 markup

画面が左右に広がったことで作業のしづらさは感じるが、4Kディスプレイ1枚分をGoogle Chrome専用に使用できるのは便利だ。内蔵ディスプレイも作業がしやすく、疑似解像度を下げたことで離れた位置からでも文字は見やすい。

ただし致命的な問題があった。ファンが常に4,000〜5,000rpmで回転し続けるのだ。普段はエレコム製2WAY USBクーラー「FAN-U177BK」で冷却しているため2,500rpm以下に抑えられているが、この作業環境では設置できずファンの回転数が上がってしまっていた。
New Desktop Setup for GoriMe House Workspace 04

また内蔵ディスプレイを使用することで、回転数はは1〜2割上がる。USBクーラーに当てながらクラムシェルモードで使用した場合、回転数は概ね2,100〜2,200rpmまで抑えられる

16インチ型MacBook Proの内蔵ディスプレイを活かしたトリプルディスプレイ作業環境は、作業効率の観点では予想以上に快適だった。ただし本体を十分に冷却できず、MacBook Proに負担が必要以上に掛かっていることが分かり、早々に解体を決めた。

macOS CatalinaがインストールされたMacがまともに使えるようになる日は来るのだろうか。

特集
関連情報
更新日2020年06月03日
コメント(10件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. こーのー

    いつも作業環境参考にさせてもらってます!
    ゴリミーさんは、2枚のディスプレイの接続はどの端子で行ってますか??
    HDMI??usb-C??

    1. g.O.R.i

      2枚ともDisplayPortですねー!

  2. Macとwindsows両方で使えそうなキーボードを探していますが、そちらでご利用中のキーボードはどのメーカーのものでしょうか。見た目は結構カッコいいと思いました。

    1. g.O.R.i

      僕が使用しているのは、Keychron K2というキーボードです!近日中にレビュー記事公開しますね!!

  3. tomo

    お疲れ様です。いつも参考にさせてもらってます。 私のi9 16インチも外部ディスプレイを繋ぐとGPUがディスクリートのRadeon Pro 5500Mの方へ変わるためか、タッチバー奥が非常に高温になってしまいます。それを嫌って、最近は外部ディスプレイ接続を諦めてましたが、これからまたトライしてみます。 プロ用機材なので爆熱は仕方がないのでしょうが、初めて迎える夏が怖いですね。

    1. g.O.R.i

      外部ディスプレイに出力する場合、dGPUに切り替わるのは仕様です!15インチモデルでも起きる問題で、Touch Barあたりが熱くなるのも13インチ、15インチ、16インチ関係なく必ず起きます。夏場に外部ディスプレイを使用する場合は、本体は開いたまままたは閉じた状態にし、外付けのキーボードとマウスorトラックパッドの使用をおすすめします!

      16インチは15インチに比べて本体の排熱効果は改善されているらしいので、15インチに比べれば全然マシだと思いますよん!

  4. 通りすがりの読者

    eGPUつけないと流石にキツイのではないでしょうか。

    1. g.O.R.i

      厳密な計測をしていないので断言はできないですが、過去の検証によると、全然そんなことないと思います。16インチのGPUは十分に強力なので(しかも僕無駄に1番上のグレードのやつなので)、パワーは足りていると見ています。特に冬場は同じ状況にはならなかったので。

  5. Apple大好きマン

    MacBookをデスクトップのように使うのはなかなか厳しいんですかねぇ。。。
    やっぱデスクトップ機とは違うんですね。
    OSがかなり悪いのはいなめませんが(笑)

    1. g.O.R.i

      そうですねぇ、まあ実際にTDPも全然違いますし、本当に超ハードに使うなら厳しい部分はあると思いますが……そんなに厳しい使い方はしていないのでwすごいイケイケな冷却台があれば最高なんですけどね、なかなか……

「Macのある作業環境・ワークスペース」新着記事
トレンド検索