【レビュー】「Twelve South Curve Stand for MacBook」はシンプルで美しい、無駄のないスタンド

Twelve South Curve Stand for MacBook Pro 02

13インチ型「MacBook Pro 2018」のレビュー記事で紹介したデスク周りの写真で、「MacBook Pro 2018」を机の上ではなく、スタンドの上に置いていることに気がついた人もいるかもしれない。

僕が使っているのは、「Twelve South Curve Stand for MacBook」という製品。価格は税別6,800円と高いが、シンプルながらもしっかりとした作りで「MacBook Pro」をしっかりと支え、ちょうど良い高さにディスプレイを上げてくれるのでとても気に入っている。

早速紹介する!

デュアルディスプレイ環境に最適!熱対策としても役立つ

Twelve South Curve Stand for MacBook」の本体サイズは14.9cm x 26.3cm x 22.2cmとなっていて、重さは0.65kg。机の上から16.51cmの高さまで上げてくれる。

製品名の通りカーブしたデザインを採用しているのは、Mac本体の70%が空気に触れるように、接着面を必要最低限にすることが目的のようだ。
Twelve South Curve Stand for MacBook Pro 07

ロゴも最小限。土台の中央にTwelve Southのロゴが用意されているのみ。
Twelve South Curve Stand for MacBook Pro 08

Mac本体を置く部分はゴム素材のようなものが使用され、しっかりと本体をグリップしてくれる。
Twelve South Curve Stand for MacBook Pro 09

先端部分には返しが付いているため、滑り落ちる心配もない。ここもゴム素材でカバーし、本体を傷つけないように設計されている。
Twelve South Curve Stand for MacBook Pro 10

実際に13インチモデルを設置した様子がこちら。安定感があり、滑り落ちる心配もない。
Twelve South Curve Stand for MacBook Pro 06

普段は13インチモデルを設置しているが、15インチ型「MacBook Pro」でも問題なく置くことができる。
Twelve South Curve Stand for MacBook Pro 12

一回り小さい13インチモデルもギリギリ収まるサイズ。よって使うことができる。
Twelve South Curve Stand for MacBook Pro 13

MacBook Pro」のディスプレイを高い位置に置くことによって視線の移動が楽になるだけではなく、「Twelve South Curve Stand for MacBook」の特徴である接着面を必要最低限にしていることによって熱対策として一定の効果がありそう。真下に小型のUSBファンなどを置けばMac本体を冷却することもできそうだ。

MacBook Pro」単体で使う場合も、このスタンドに置いて外部キーボードとマウスを使うことによって視線を高く保つことができ、首肩の疲労を軽減することができるのでオススメ!

購入は下記からどうぞ!

7.010
Twelve South Curve Stand for MacBook
あわせて読みたい