ソフトバンクオンラインショップ

フォーカルポイント、Twelve SouthのiMac用スタンド「Curve Riser」を販売開始

USB-Cドックやオーディオインターフェース、Mac miniが収納可能な棚が便利そう

Twelve South Curve Riser 07

フォーカルポイントは9月17日、人間工学に基づいたTwelve South製スタンド「Curve Riserの取り扱いを開始した。ノートブック・スタンドとして人気の「Curve」を、iMaciMac Pro、外部ディスプレイに合わせて最適化した製品だ。

Curve Riserの上にiMacや外部ディスプレイを設置すると、高さは10.8cm上がる。ディスプレイ位置が低いと感じる場合、Curve Riserの上に載せることで作業がしやすく可能性がある。

内側には棚が用意されており、USBドック、ハードディスク、オーディオインターフェース、スマートフォン、キーホルダーなどを保管できる。Mac miniも収まる高さとなっており、ディスプレイの下にスマートに収めることが可能。
Twelve South Curve Riser 03
USB-Cドックなどを配置するのに最適

Twelve South Curve Riser 05
Mac miniも収まる

なおCurveを持っている場合は、Curve Riserと合わせて使用することで、高さを揃えたデュアルスクリーンが実現する。同一の設計思想に基づいてデザインされており、素材も同じマットブラック仕上げのアルミニウムを使用している。
Twelve South Curve Riser 06

価格は税込10,780円。自宅の作業環境をグレードアップしたい人は、導入を検討してみてはどうだろうか。

関連情報
カテゴリMac用周辺機器
更新日2020年09月19日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「Mac用周辺機器」新着記事
トレンド検索