1台のiPad Proに2台のAirPodsで同時接続!「Twelve South AirFly USB-C」が発売

本体のスピーカーを使用できない環境で、音を共有したい時に役立つアイテム

Twelve South AirFly USB C 04

フォーカルポイント株式会社は1月17日、1台のUSB-C端子を持つデバイスから、2台のBluetoothイヤホンやヘッドホンに、音を同時出力できるBluetoothトランスミッター「Twelve South AirFly USB-C」の販売を開始した。

Twelve South AirFly USB-C」は、iPad ProMacBook Proなど、USB-C端子を搭載したデバイスに接続して使用する。Bluetooth接続のイヤホンやヘッドホンであれば、最大2台まで同時に接続できる。本体のスピーカーを使用できない環境で音を共有したい時に、「Twelve South AirFly USB-C」は役立つ。

Twelve South AirFly USB C 05
こういう使い方の需要、めちゃくちゃありそう

コーデックは、aptX、SBC、aptX-LL(aptX Low Latency)に対応する。Bluetooth通信距離は、最大10メートル程度。双方向通信には対応せず、通話の同時接続には利用できない。

Twelve South AirFly USB C 02
大人だってiPad Proを一緒に見たい時はある

Twelve South AirFly USB C 03
この利用シーン、さすがに無理ありすぎでは……?

Twelve South AirFly USB C 01
カフェで一緒に音を確認したい時にも便利

電池持ちは、最大20時間。充電はUSB-C端子で行い、充電しながらの使用も可能。

価格は、税込7,678円。購入は以下からどうぞ!ヘッドホン端子用モデル「Twelve South AirFly Pro」は昨年11月、Apple公式サイト限定で販売されている。

関連情報
更新日2020年01月18日
コメント(4件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    こういうのを見るとケーブルはいらないと思う。
    iPad proのsmart keyboardをつけているとぶら下がってる感が残念

  2. 通りすがりの読者

    iOS13でオーディオの共有って出来ませんでしたっけ?

    1. g.O.R.i

      iOS 13のオーディオ共有が利用できるのは、あくまでもAppleイヤホンやヘッドホンのみなので、BoseやSonyは使えないんですよね。

      1. LATA

        互換性のあるBeatsのヘッドホンやイヤホンもオーディオ共有出来ますよ。

「iPad用周辺機器」新着記事
トレンド検索