iPadをドッキングできるスピーカー付きハブ、2023年発表か

iPadをキッチンやリビングルームに設置できるドッキング・アクセサリを開発中か

HomePod and iPadPro 01

Appleは、iPadを接続することでスマートハブやスピーカーとして利用できるドッキング・アクセサリを開発している可能性がある。Appleに詳しいBloombergの名物記者Mark Gurman氏が、最新ニュースレターで明らかにした。早ければ2023年に発表されるという。

過去のニュースレターでは、iPadとスピーカーを合体させたようなデバイスの開発について言及。コンセプトは、「キッチンカウンター、リビングルーム、ナイトスタンドに設置できるもの」。ドッキング・アクセサリは、同様のコンセプトをiPadと組み合わせることで実現する狙いだ。Echo ShowNest Hubに対抗する製品となるだろう。

GoogleのPixel Tabletと似たような機能・仕様になる可能性

Googleが2023年に正式発表するPixel Tabletは、”Nest Hub化”する専用充電器が用意されている。マグネットで接続し、音声操作を主体とした操作性を前提としたデバイスに切り替わる仕様だ。

Pixel tablet charging dock
Pixel Tabletのドッキングステーション

Appleは来年以降、HomePodラインナップの強化が期待できる。HomePodのハイエンドモデル、HomePod miniの新モデルの登場に加えて、Apple TV・カメラ・HomePodを組み合わせたリビングルーム向けのデバイスの登場を予測している。

新型HomePod製品の噂

4本の記事を表示する

公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad用周辺機器」新着記事
トレンド検索