iPad Pro(2020)+Magic Keyboard レビュー

iPad Proユーザーの”脱Mac”を手助けするアクセサリ

11インチ型iPad Pro(2020)とiPad Pro(2018)は、性能差が全くない。カメラは増えたが、使う機会がない。

それでも買った理由は、Magic Keyboardのカメラ用切り抜きを合わせたかったから。Magic KeyboardのためにiPad Proを買い替えたと言っても過言ではない。

僕はiPad Proをまるで活用できていない。大画面を活用できているのはKindle本を読む時のみ。YouTubeやSNSは、ポケットに入っているiPhoneで見ることが圧倒的に多い。

ところがMagic Keyboardが届いてから、iPad Proを使う機会が格段に増えた。従来はMacBook Proに頼っていた作業も、Magic Keyboardの優れたキーボードとトラックパッドで十分に作業ができるようになったのだ。

見た目、質感、重量感

IPad Pro 2020 11in Magic Keyboard Review 05

Magic Keyboardの第一印象は、「重い」の一言に尽きるSmart Keyboard Folioよりも2倍の重さ、わずか300g増えただけだが、iPad Proと組み合わせるとずっしり来る。iPad Proは「あわよくばMacと持ち運びたい」から「家から絶対に出さない」デバイスとなった。

IPad Pro 2020 11in Magic Keyboard Review 04

iPad Proをキーボードから浮かせる構造を採用しているため、多少重くなることは仕方ない。もしキーボードが軽ければ使用する時に不安定になり、使い勝手が悪くなっていただろう。

重くなったことと引き換えに、Magic Keyboardは頑丈だ。端を持っても歪まず膝の上に置いても安定感があり、快適に作業できる。

iPad Proとは、マグネットで張り付く仕組み。背面にあるSmart Connectorで通信するため、取り付けた瞬間的にキーボードを認識する。Bluetoothキーボードで地味に面倒なペアリング作業は一切不要だ。ただしiPad Proから給電する仕組みのため、電池の消費が早くなる

Smart Keyboard Folioと同じキーボードカバー構造だが、Magic Keyboardの方が厚みがある。ものすごく開けにくい。片手で開くことは不可能だが、片手で閉じることはできる。しかも、結構気持ち良い。

傾斜は80度から130度ぐらいだろうか。後ろに倒れないよう制限を設けていると思われるが、僕にとっては傾斜が足りない。快適に作業するためには、奥行きのある机が必要だ。

Magic Keyboardの左側には、USB-Cポートが搭載されている。iPad Proの充電専用のポートだが、このポートがあるお陰で、本体のUSB-CポートでSDカードやポータブルSSDを接続したまま、iPad Proを充電できる。

IPad Pro 2020 11inch Magic Keyboard Review 01

キーボードの打ち心地、トラックパッドの操作性

IPad Pro 2020 11inch Magic Keyboard Review 03

Magic Keyboardのキーボードは、「キーボードらしいキーボード」になった。16インチ型MacBook Proと同じシザー構造になり、Smart Keyboard Folioと比べると打ち心地が改良されている。キートラベルは十分にあり、打鍵時の音も比較的心地良い。

バックライトもあり、暗い場所でも手元が確認できる。明るさは環境に応じて自動調整するが、万が一自分で変更したい場合は設定アプリの「一般 > キーボード > ハードウェアキーボード > キーボードの輝度」から変更できる。

IPad Pro 2020 11in Magic Keyboard Review 01

文字の打ちやすさは、使用しているモデルによって印象が変わるだろう。僕が使っているのは、11インチモデル用。iPad Proに合う幅で作られているためキーボードが狭く、「ー」や「+」など端のキーが小さく作られている。本記事はMagic Keyboardで書いているが、「キーボード」と間違えずに入力できた回数はゼロだ。

IPad Pro 2020 11inch Magic Keyboard Review 09

キーボードとして唯一の不満は、ファンクションキーが用意されていないこと。ファンクションキーがあれば、画面輝度や音量の調整、マルチタスク画面やホーム画面への表示をキーボードから操作できたはずだ。

IPad Pro 2020 11in Magic Keyboard Review 14
同時にファンクションキーを設置する物理的なスペースがないこともわかる

最も不便だと感じたのは、「esc」キーがないこと。ただしこれは後に「Command + .(ピリオド)」で代用できるこに気づき、解決。キーマップの変更でも対応できる。「esc」キー不足で困っている人は試してみてはどうだろうか。

IPad Pro 2020 11inch Magic Keyboard Review 02

Magic Keyboardのトラックパッドは、MacBookシリーズと比べて異様なまでに小さいが、すぐに慣れる。どこを押しても押し込むことができ、レスポンスは良い。

iPadOSのマウスは、Macと似ているようで完全に非なる。基本は丸いカーソルだが、一定時間操作しないとカーソルは非表示になる。文字列の上に変わると棒型カーソル、ボタンやアイコンと重なるとボタンに溶け込むようにしてクリック可能であることを視覚的に訴える。Macと同じ操作を想定して使うと違和感を感じるが、iPadにカーソル操作が追加された、と思えばとてもよくできている。今後のiPadOSのアップデートに期待が高まる。

Trackpad gestures for iPadOS

ただし操作性には課題が残る。ジェスチャーに対応しないアプリも多く、システム全体のジェスチャー操作にはコツが必要だ。僕は、未だにSlide OverとSplit Viewの操作が一発で成功しない。

iPad Pro + Magic Keyboard ≠ MacBook

IPad Pro 2020 11in Magic Keyboard Review 11

「iPad Proを重くしてまでキーボードとトラックパッドをつけるぐらいなら、MacBookを買えばいいのでは?」という意見は多い。「MacはiPadよりも優れている」という固定概念ゆえの発言だと思うが、Magic Keyboardは「iPad Proの守備範囲を広げるアクセサリ」であり、”Mac化”することが目的ではない。

iPad ProをMagic Keyboardと組み合わせることで、従来はMacのほうが効率が良かった作業が、iPad Proでも同じようにできる可能性がある。例えば僕の場合、Kindle本を読む時だけではなく、数値の確認、記事の下書きなどの作業はiPad Proで完結する。MacBook Proはデスクの上に待機させ、家の中ではiPad Proを持ち運ぶ生活が定着してきた。

iPad ProとMagic Keyboardによって、iPad ProユーザーはMacを取り出す頻度が減るだろう。「MacBookを使えばいい」という問題ではない。iPadのメリットを享受しながらMacのような操作性を提供することで、iPad Proの使い勝手が向上するのだ。

iPad Pro(2020)+Magic Keyboard
8.2/10
特集
関連情報
更新日2020年05月07日
コメント(34件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    iPad miniユーザーからしてみればうらやましいアクセサリーですね。
    トラックパッドがぬるぬるサクサクなだけでも欲しい。。。
    他社製の折り畳みキーボードでもマウス付きのものはありますが、トラックパッドがいまいちなんですよねー。

  2. 通りすがりの読者

    Pro 2018からPro 2020ってメモリが2GB増えてるようなのですが、体感的には性能差は全くない感じですか?
    現行のiPad Proはデザインがとにかく美しいと思います。
    iPhone12もiPad Proのスマホ版みたいなデザインになるらしく楽しみですね。
    あ、いつも記事楽しく読ませてもらってます!

    1. g.O.R.i

      いつもごらんいただきありがとうございますー!!

      体感としては全くないですねw まあその、僕の作業内容的にマルチタスクをしまくったり、ゲームしまくったりするような使い方ではないので、体感できていないだけかもしれないですね^^; iPhone 12も楽しみですね!

  3. 通りすがりの読者

    重いのも残念だけど頭でっかちでデザインもイマイチですね。やっぱりケースもぺんも使わない素のiPadがいいな。

    1. g.O.R.i

      本体の方が重くなるのは仕方ないと思いますよ…完全に独立したデバイスですし。その代わり、よくも悪くもケースが重いので安定しているとは思います。グラグラしないです!

  4. 通りすがりの読者

    12.9インチなら話は変わりますかね?
    iPad Proの方がmacより使いやすいアプリも多いですし、ipadでしかできないこともあるんですけど。
    goriさんも書かれているように、ipadは所詮下書きなんですよね。例えば、一から文章を作ろうと思えば、pagesでもwordでもやっぱりmacってことになりませんか?
    Macとipadで“同じアプリなら同じ機能“であれば言うことなしなんですけどね〜。

    1. g.O.R.i

      12.9インチでも、基本的にはOSは同じなので体感としてはあんまり変わらないと思います!ただし、細かいキーボードの使い勝手などは12.9インチの方が優れているので、その点に関しては11インチより良さそうですね!実は検証するために、すでに12.9インチの組み合わせを発注しているので、届いてからまた改めて確認してみたいと思います!

      僕の場合、ブログエディタをゴリッゴリにカスタマイズしている関係で、iPad Proで同じような作業環境を実現できる気がしないんですよね。アプリ側だけではなくキーボードショートカットやその他のワークフローもゴリゴリに自分向けにしているので、そういうことができないiPad Proをメインマシーンとして使うのは、今のところ不可能だな、と思っています。でもそこまでのことじゃなければ、管理画面見たり、ちょっとした誤字脱字を修正したり、コメント返したりするには超いい感じ!というのが現時点での印象です!

      1. 通りすがりの読者

        12.9インチのレビュー楽しみにしています。
        実はiPad Pro(2020)+Magic KeyboardかMacBook Air かで悩んでまして。2割ぐらいはipad でしか出来なくて、6割ぐらいはどちらでも良くて、残りの2割ぐらいはmacでないとという悩ましい選択です。
        とりあえず、キーボードが遜色なければipadでもいいか?
        両方買う?いやいやMacBook pro13新型⁉︎

        あーもうわからん(笑)

        1. g.O.R.i

          はいっ、Magic Keyboardが届いてから仕上げたいと思います。

          その問題、メチャクチャ難しいですね……。Mac限定の作業とiPad限定の作業、どっちを犠牲にできるのか。もしくはどちらかの作業を無理やり移行できるのか。それを考えた上で決めた方が良さそうですね!

  5. 通りすがりの読者

    Macの全てを賄うことはまだ無理
    でも前まで出来なかった範囲の一部や出来たけどMacの方が便利っていう範囲ではiPadでも充分になった

    って感じですかね?
    iPadじゃ物足りなかったけどMacの全てが必要ない人向け的な

    1. g.O.R.i

      Macのすべてを賄うなんて到底無理ですよ!そもそも完全に別のデバイスですし、目的も異なるので、同じことができるようなデバイスになることは無いと思います!(同じことができるデバイスがあったらユーザーも混乱するじゃないですか)。

      仰るとおり、「前まで出来なかった範囲の一部や出来たけどMacの方が便利っていう範囲ではiPadでも充分になった」となりました!

      1. 通りすがりの読者

        確かにそうですね
        そうなったらユーザーはMacBookっている?iPadっているの?どっちがいいの?何が違うの?とかなっちゃいますよね

  6. ないふ

    2、3年前くらいにiPad(第5世代)を買ったのですが、そのすぐ後にSmart KeyboardやらPencilやらに対応した機種が出てきて、仕方ないながらも指を咥えて見てます。Proほすぃ……

    1. g.O.R.i

      たーしかに!第6世代からでしたもんね。Apple Pencilは結構使われていますか??

      1. ないふ

        すごく使いたいです……()

        1. g.O.R.i

          があああすいませんすいません、今Apple Pencilを持っていないってことでしたね。。。傷口に塩を塗るような発言、大変失礼しました。。。 今のモデルを下取りに出して、整備済み商品を買う、みたいなのが1番コスパ良さそうですね?

  7. jPod nano

    お絵かき、ノート、読書、撮影、音楽、テキスト打ち、動画編集、インターネットなど。
    使う人の用途に合わせて色々と変化し、使うことができるのがiPadなのではないでしょうか。Apple PencilもMagic Keyboardも、それぞれの用途を支える周辺機器です。
    Macとはまた違った枠に向かって進化しているように感じます。

    1. g.O.R.i

      そうですね!Macの方が快適さや効率の良さが勝る作業はあることは当然ですが、iPad ProとMagic Keyboardの組み合わせによって、さらに幅広い作業ができるようになりますね!

  8. iPad Pro 11ユーザー

    iPadの不満点は私にとってはポインティングデバイスが無い事だったのですが、iOS13からマウスが使えるようになりある程度解消されたものの、外に持ち運んだ時にはマウスまで持って行くわけにいかず、なかなかストレスがありました。ですが、この製品によりそれがやっと解消され、どこに居ようが非常に快適に操作出来て私にとっては最高の製品になりました。

    外に持ち運ばないgoriさんにはあまり感じられない部分とは思いますが、「どこでもポインティングデバイスが使える」という価値はもう少し着目されても良いと思います。

    1. g.O.R.i

      ちなみにポインティングデバイスがあると快適だと感じるのは、どのようなタイミングなんですか??もしかたら外に持ち運ぶきっかけになるかも……?

      1. 通りすがりの読者

        私はSmart Keyboard Folioを使用していたので、何を操作するにしても腕を上げないといけないのがとにかくしんどかったんです。キーボードを並行して使用する時など特に。指でテキスト編集なんてただの苦行でしょう。

        Apple Pencilを疑似ポインティングデバイスとしてだましだましやってましたがやはりちゃんとしたデバイスが在るのは快適です。iOS13.4のチジェスチャーはなるべくクリックさせずに完結させる操作が多く本当に良く出来てると思います。(カーソルを右にぐっと押し込むだけでSlide Overを出す/しまうなど)

  9. ヘタレ(ΘΘ)ρ

    毎回記事を楽しみにしている者です。
    コメントするのは多分2回目かと思いますが、、
    今回は「「MacはiPadよりも優れている」という固定概念ゆえの発言」は一方的すぎると思います。
    Magic Keyboard+iPadをAirなどと比較してしまうのは、どなたかも言ってますが値段の観点が強いと思いますよ。
    自分を含め多くのApple製品を使っている人にはMagic Keyboardは買い足しアクセサリーの一品でしょうけど、
    新たに購入って考え方だと金額って問題は重いと思いますが。
    ここで言う金額はキーボードありきで考えるMagic Keyboard+iPadがPCよりも高くなるよねって観点です。

    そういう自分はMagic Keyboardを使うとPCに比べ取り回しが良いというタブレットの特徴がスポイルされるので購入をやめました。
    と、書くとさっきは金額が問題だって書いたではないかと言われそうですが、、、
    自分の場合は金額よりもタブレットとしての取り回しがスポイルされるので購入しなかった訳です。
    というように、視点は色々あると思われるので今回の記事は一方的すぎるなと感じました。

    1. g.O.R.i

      はい、ご自身でおっしゃっているとおり、「MacはiPadよりも【コストパフォーマンス】という観点で優れている」と解釈されているように見えます。そういう人はヘタレさんのように、購入を見送っても問題ないかと思います。別のコメントでも返しましたが、Macを追加で買わないと快適ではなかった作業が、Magic Keyboardを追加することで快適になるのであれば、Magic Keyboardが「高い」とはなりません。やはり根底には「MacはiPadよりも優れている」と考えているからこそ、「できることが少ないのにわざわざ買うのはおかしい」と感じているのではないでしょうか。

      もちろん、そのように思うことは悪いことだとは思っていません。何を隠そう、僕も買うまでは「絶対いらんわ、こんなのw Mac使えばええやんけ」って思ってたので、恐らく同じ道を歩いていたと思います!キーボードをそもそも使う必要がない人は不要ですし、キーボードだけで十分なのであればSmart Keyboard Folioも選択肢としてあります。

      僕はそもそもiPad Proをまともに使えていなかったので、キーボードなんて合っても意味なかったのです。でも試し買って使うようになったところ、いい意味で裏切られたので、このようにまとめました。

      1. ヘタレ(ΘΘ)ρ

        そうそう、「キーボードだけで十分なのであればSmart Keyboard Folioも選択肢」とかっていう視点も入れたら決め付けって思われなかったのではと感じた次第です。
        自分は取り回しもある程度確保されるキーボードフォリオとフォリオケースを使い分けてます。

      2. へタレ(ΘΘ)ρ

        ついでに言うと、どっちが優れているとか自分は認識してません。違う物だと思ってます。

        1. g.O.R.i

          おお良かった、なんだかちょっと分かりあえた気がしますね!もちろん、僕もどっちに優劣があるとは思っていないですよ、特徴と方向性が異なりますからね。ちなみにラフに扱うのであればFolioがいいですよね、なんつったって防滴仕様ですから……

  10. 通りすがりの読者

    僕には凄く説得力ありましたね。
    スマートフォンはiPhoneを何年も使用していますが、パソコンはずっとWindowsで
    昨年おもいきってMacBookを買いましたが結局、あまり使えず…。iPadも良く使ってる僕としては、iPadである程度、パソコンでしていた作業が出来ればなぁ、と思っていたので響きましたね〜。購入検討しようと思います。ありがとうございます!

    1. g.O.R.i

      あーそうです、まさにそういう方にとっては向いていると思います!

  11. 読者2

    う〜ん、珍しくgoriさんのレビューで腑に落ちないと思ったら価格の視点が抜け落ちてるからなんですよね
    ガジェット好き、Apple好きならではの考え方というか
    キーボード使う前提でiPadかMacどちらかを買うならMacだろうし、持ち運びができるノートPCを既に持っている「普通の人」はiPad専用の不完全なキーボードに4万円は払えないと思うのです

    1. g.O.R.i

      ノートPCを持っている人を「普通の人」として分類するのであれば、『Magic Keyboardは「iPad Proの守備範囲を広げるアクセサリ」であるため、必要無いでしょう。最後のまとめにも書きましたが、”Mac化”することが目的ではない』と書いたのは、Magic Keyboardが「普通の人」のための製品ではないということです☝️

      「MacはiPadよりも優れている」という前提で話されていますよね?本当にキーボードを使う前提なら、必ずMacを買うと思いますか?今はiPhoneを使い始め、iPhoneの操作性に慣れている人が「もっと高度なことをやりたい」という目的でiPadを手にする人が増えています。キーボードやトラックパッドが追加されるMagic Keyboardは、iPadの操作性がさらに向上する、優れた製品ではないかと思います。

      確かに3〜4万円というのは高く感じるかもしれないですが、大した作業をしていなかったのに10万円以上も払って使っていたMacBookが3〜4万円で不要になるなら、すごくコストパフォーマンスは高いですよね?恐らく多くの人は、「Macがメイン、iPadはサブ」という位置づけで見ているかと思い、そのような人向けに買うことを説得する記事ではないので、価格や俗に言う”コストパフォーマンス”には触れませんでした✋

      1. 通りすがりの読者

        あれですね。変な例えかたしますけど、「あなたは中学校に入学したから就職できない。けど、高校に行けば選択が広がるよ」
        Macは中高エスカレーター式ですかね。?
        (あれなんか違うような…?)

        1. g.O.R.i

          うーん……なんか違うような……www

  12. 通りすがりの読者

    iPadの有効な使い方ができていない、ゴリミーさんと一緒だ。ゴリミーさんのiPad活用術とか、入れてるアプリ紹介とかの記事見たいです!

    1. g.O.R.i

      有効活用できていないので、入れているアプリも標準的ですし、活用術もまともなものがありませんw ……が、これから増える可能性も十分にあるので、その時は記事にしますね!

「iPad用キーボード」新着記事
トレンド検索