iPad Pro用Magic Keyboard、2018年モデルとも互換性あり

互換性はあるが、恐らく広いカメラ穴にシングルレンズが収まる格好になると予想される

Magic keyboard for ipadpro 2

iPad Pro(2020)」と同時に発表された「iPad Pro用Magic Keyboard」は、2018年に発表されたiPad Proとも互換性がある。ホームボタンを搭載しないiPad Proであれば、「iPad Pro用Magic Keyboard」を利用できる。

ただし「iPad Pro用Magic Keyboard」はiPad Pro(2020)に最適化されているため、大きいカメラ穴にiPad Pro(2018)のシングルレンズが収まるような格好になると予想される。

キーボードのキーストロークは1mm、画面の角度は自由に調整可能に

「iPad Pro用Magic Keyboard」は、キーストロークが1mmのシザー構造を採用したフルサイズのバックライトキーボード。左ヒンジ部分には充電専用のUSB-Cポートが搭載され、iPad Proの充電が可能。そのため充電しながらiPad ProのUSB-Cポートを使い、周辺機器へ接続することができる。
Ipadpro magickeyboard 1

トラックパッドが搭載され、アプリケーション間の切り替え、アプリケーションスイッチャー、Dock、コントロールセンターへのアクセス、Slide Overにあるアプリケーションの表示などの操作をサポートする。(「iPadOS 13.4」以降)
iPad Pro本体をキーボードから浮かせた状態になる、フローティングカンチレバー機構を採用。従来は2段階に限定されていた角度を自由に調整可能になった。
Ipadpro magickeyboard 2

キーボードに取り付けた状態を裏から見ると、Appleロゴが目に入る。
Ipadpro magickeyboard 3

iPad Pro用Magic Keyboard」の価格は、11インチモデル用が29,800円、12.9インチモデル用が35,800円。5月に販売が開始される予定だ。

関連キーワード
コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPad用ケース・カバー」新着記事
トレンド検索