Apple Watch、「watch OS 3.2」で「シアターモード」が利用可能に

Apple Watch Series 2 Review

Appleはまだ「watchOS 3.2」のベータ版を開発者向けにリリースしていないが、リリースノートは既に公開済み

次期watchOSのアップデート内容によると、Appleは「watch OS 3.2」で「シアターモード」を利用可能にする予定となっているようだ!

シアターモードはiPhone用ではなく「Apple Watch」用

以前、Appleは「iOS 10.3」で「シアターモード」を提供すると報じられていた。有機ELディスプレイ搭載の次期iPhoneに備えて”ダークモード”が実装されると期待されていた。

ところが、蓋を開けてみたらどうやら「シアターモード」はiPhone向けではなく「Apple Watch」向けの機能だったようだ。説明によると、「シアターモード」がオンになっている時は素早く音をミュートできる他、手首検出がオンでも一時的に画面が点灯しないようにすることができるようだ。

Introduced in watchOS 3.1.3, Theater Mode lets users quickly mute the sound on their Apple Watch and avoid waking the screen on wrist raise. Users still receive notifications (including haptics) while in Theater Mode, which they can view by tapping the screen or pressing the Digital Crown.

「シアターモード」がオンになっていてもユーザーは振動で通知を受信を知ることが可能。通知を見たい場合はディスプレイをタップ、またはデジタルクラウンを押すことによって画面を点灯させることができる。

他にも「watchOS 3.2」ではSiriKitに対応し、Siriを通じて幅広い機能が利用可能になる見通し。

(via MacRumors

もっと読むwatchOS 3まとめ
あわせて読みたい