【watchOS 4.3】縦向きでも「Night Stand」モードが有効に

watchOS 4.3」からApple Watch」を縦向きに置いた状態で充電しても「Night Stand」モードが利用可能になることが明らかになった。

これは今年中に発売が予定されている、iPhone・Apple Watch・AirPodsが同時に充電できる「AirPower」マットを意識した仕様変更であると見られる。

また、サードパーティ製品においても「Spigen S350」のような横向きのスタンドだけではなく、「PowerHouse Charge Dock for Apple Watch + iPhone」などの縦向きに設置するスタンドでも「Night Stand」が有効になる。

watchOS 4.3」はデベロッパー向けにベータ版が1月26日に配信開始されたばかり。他に新機能として「Apple Watch」からiPhoneのミュージックライブラリにアクセス可能になったことが明らかになっている。

(via 9To5Mac

もっと読むwatchOS 4まとめ
Apple新学期を始めようキャンペーン