watchOS 6:騒音測定アプリ「Noise」の精度はデシベルメーターに匹敵する正確さ

「Noise」アプリとデシベルメーターの測定値を比較したところ、多少の誤差はるがほとんど一致

Apple Noise App for Watch

watchOS 6」には新機能として騒音レベルを検知することができる「Noise(ノイズ)」アプリが追加。その精度の高さが話題になっている。

EBSCO Industriesのソフトウェア開発責任者を務めるBlake Helms氏が投稿したwatchOS 6」の「Noise」アプリとデシベルメーターの測定値を比較した動画によると、多少の誤差は見られるものの、ほとんど一致していることが確認できる。

定音量テストでも3〜5db程度の誤差

Helms氏はマイクのサイズからして精度に期待していなかったものの、「あまりもの正確さに驚いている」とコメント。その後、定音量テストを実施した結果も高い精度が確認され、3〜5db以内の誤差に留まっていたと説明している。

「Noise」アプリの騒音レベルはデシベルメーターでリアルタイムに確認でき、最大120dBまで測定可能。。騒音レベルがこの90デシベルに達すると、Apple Watchに警告が表示される。

(via 気になる、記になる…

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「watchOS 6」新着記事
トレンド検索