watchOS 6:Apple WatchでもついにOTAでOSアップデートに対応へ

ついにApple Watch単体でOSのアップデートが可能になりそう

Apple Watch watchOS6 OTA updates

watchOS 6」以降、Apple WatchのOSをアップデートするためにはいちいちiPhoneから行う必要がなくなるかもしれない!

MacRumorsによると、watchOS 6」の「Beta 2」ではApple WatchのOSを無線ネットワークを経由してアップデートすることができる「OTA(Over The Air)」アップデートに対応していることが分かった。

watchOS 6」には「設定 > 一般 > ソフトウェア・アップデート」から最新のアップデートを確認・適用することが可能になっていることが判明。従来はiPhoneの「Watch」アプリから実行する必要があったため、使い勝手が向上する。

現状ではiPhoneで「watchOS Terms & Conditions」(watchOSの利用規約)に同意する必要があり、完全にApple Watchだけでアップデートすることはできない。

ただし、これは正式リリース時には変わる可能性があり、完全にiPhoneでの確認不要、もしくは初回のみ確認を求められ、以後は不要という形になり、Apple Watch単体でアップデートできるようになるかもしれない。

watchOS 6」は今秋正式リリース予定。独立したApp Storeの提供や純正アプリの拡充もあり、今後もApple WatchのiPhone離れが期待できそうだ。

「watchOS 6」新着記事
トレンド検索