watchOS 8.0.1、正式リリース Series 3の不具合を修正

Apple Watch Series 3の不具合を中心に修正されているが、Series 6も対象

The New Apple Watch Series 3

Appleは10月12日、watchOS 8.0.1を正式リリースした。

最新バージョンでは、Apple Watch Series 3の一部のユーザにソフトウェア・アップデートの進行状況が正確に表示されないことがある問題、アクセシビリティ設定を利用できない可能性がある問題を修正している。アップデート内容はSeries 3中心となっているが、Series 6など最新機種もアップデート対象となっている。

watchOSをアップデートするための条件

  • Apple WatchがiPhoneの通信圏内にある
  • Apple Watchが充電器に接続されている
  • Apple Watchが50%以上充電されている

watchOS 8のアップデート履歴

関連キーワード
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「watchOS 8」新着記事
トレンド検索