watchOS 8.5にアップデート後、Apple Watch Series 7の高速充電が動作しない不具合が発生

watchOS 8.3発生していた不具合、ふたたび発生

Charging my applewatch series7 on belkin stand 01

watchOS 8.5にアップデートApple Watch Series 7の高速充電が正常に動作しない不具合が、Apple CommunityRedditなどで多数報告されている。

問題を報告しているユーザーによると、充電速度が極端に遅くなったり、充電ができなくなったりするという。何度か充電器に置き直すことで、高速充電が復活するとの報告もある。一部のユーザーはアップデート後、純正品以外で充電できなくなったそうだ。

Apple Watch Series 7は、対応充電器を使用すれば約45分で0〜80%まで充電できる。利用には、5W以上の充電器とUSB-C充電ケーブルが必要。高速充電を公式にサポートする充電器は、Apple純正の「Apple Watch磁気高速充電 – USB-Cケーブル」、「Belkin BOOST↑CHARGE™ PRO 3-in-1 Wireless Charging Pad with MagSafe」、「Belkin BOOST↑CHARGE™ PRO Portable Fast Charger for Apple Watch」など限られている。

Apple Watch Series 7は、watchOS 8.3アップデート後、同様の充電トラブルが発生していた。またwatchOS 8.1.1でも正常に充電できない不具合が報告されていた。

(Source: 9to5Mac

関連キーワード
公開情報
更新日2022年03月30日
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者(コメントID:624273)

    このApple Watch ケースはどこの製品ですか?G-SHOCKっぽいですね。使ってみたいのでぜひ教えてください。

「Apple Watch Series 7」新着記事
トレンド検索