【Pentatonix特集】特別インタビュー(アルバム編):「PTX Vols.1&2」と収録楽曲、ダフト・パンクメドレーの裏話など

Pentatonix interview

これまでグループ編個人編、と紹介してきたPentatonixの特別インタビュー。最初から盛り沢山な内容となっているが、3本目はこれまでの2本と比べてボリュームも少なく、さらっと読めるはず!

今回は7月30日に発売を控えている初の国内盤CD「PTX Vols.1&2」に関する内容や、世界的メガヒットとなった「Daft Punk」カバーメドレーの裏話などについて語っている!続きよりどうぞご覧あれ!

メンバープロフィール

Scott from the PentatonixSCOTT HOYING(スコット・ホーイング)。リーダー格で身長が最も高い金髪の男性メンバー。歌唱力に加え、リズム感も抜群。リードを取ることが多い。

Mitch from the PentatonixMITCH GRASSI(ミッチ・グラッシ)。驚くほど美しい声を出す男性メンバー。下のコーラスに入ることが多いが、時折入るリードで魅せる優しい歌声で多くのファンを魅了。

Kirstie from the PentatonixKIRSTIE MALDONADO(カースティ・マルドナード)。バンドにおける紅一点。女性リードの時に力を発揮することはもちろん、トップを担当していることは多いが、男性2人の声が異常に高いため、下に入ることも。

Avi from the PentatonixAVI KAPLAN(アヴィ・カプラン)。ベース担当の男性メンバー。ヒゲが特徴。Pentatonixの重いサウンドを支えているリズムセクションの片割れ。

Kevin from the PentatonixKEVIN OLUSOLA(ケヴィン・オルソラ)。ボイスパーカッション・ビートボックス担当の男性メンバー。Pentatonixのリズムを支える高等テクニックに注目。

「PTX Vols.1&2」について

それぞれの選曲の決め手は?

Avi from the Pentatonix 誰かがインスパイアされた曲を持ち込んだものもあれば、僕達の力が良く発揮出来るから選んだ曲もあるし、ファンのリクエストでやった曲もあるんだ。

Kevin from the Pentatonix 決まった手順を踏んでるわけじゃないんだよね。『PTX Vol.1』では、まず先にカバー曲をやって、その後で、オリジナル曲を書こうとしたんだ。初めての作曲だったから、難しかった。

それで学んで、『PTX Vol.2』では、最初にオリジナル曲を先に書いて、どんなサウンドを届けたいかを理解してから、カバー曲を選ぼうってことにした。アルバムがどんなサウンドになるかを想定する助けになったんだ。だから、次のアルバムでも同じことをやろうとしてて、とりあえず今ある曲は、すごく好きになりそうだよ。ともかくそれが『Vol.1』と『Vol.2』でやったことで、僕達のサウンド成長が見てとれると思うよ。

一番思い入れがある曲はどれ?

Kevin from the Pentatonix 僕は、「ナチュラル・ディザスター」。すごく生々しくて、オーガニックで、足を鳴らして手を叩きたくなる。ステージでこの曲を歌うのが、すごくクールなんだ。ファンが皆、曲を知ってて合唱してて、最後の部分で僕達が歌うのを止めて、ファンが歌うのを聞くんだ。背筋がゾクゾクするんだよ。だから、それが僕が一番好きな曲」

Avi from the Pentatonix 僕が一番好きな曲は、「ラン・トゥー・ユー」だね。

Mitch from the Pentatonix 僕は「ヴァレンタイン」かな。すごく静かで親密で、ロマンチックな曲だから。僕達がライヴでこの曲を一緒に歌ってる時も、大好きだしね。

Scott from the Pentatonix 『PTX Vol.1』と『PTX Vol.2』の全曲、それぞれの理由で好きだから、選ぶのはすごく難しいよ。でも、「ラヴ・ユー・ア・ロング・タイム」が好きだよ。僕がレコーディングした中で一番好きな曲だな。すごく楽しい。

Kirstie from the Pentatonix 私はすごく「ダフト・パンク(・メドレー)」が好きよ。最高のアレンジで、歌うのがすごく難しいけど、すごく楽しいの。ビデオも作っててすごく楽しかったしね。

ライヴでよくやる曲は?

Scott from the Pentatonix 「ダフト・パンク」は、北米とヨーロッパのツアーの全公演でやったよね。

Kevin from the Pentatonix あと、「ラン・トゥー・ユー」。

Mitch from the Pentatonix 「アハ!」(AL収録のイモージェン・ヒープのカヴァー)

Kirstie from the Pentatonix それが一番多いわね!

Scott from the Pentatonix そうだね、始まりから数えると、その曲を一番やってる!!

Avi from the Pentatonix 「ビデオ・キルド・ザ・レディオ・スター」(邦題は「ラジオスターの悲劇」)も、全公演でやったね!!

それぞれビルボードでTOP20以内を獲得しているけど、アルバム・デビュー前に大きな注目を集めていることに対してどう思う?

Mitch from the Pentatonix 本当に驚きだったよ!!

Scott from the Pentatonix 全く予想してなかったことだよ。本当にクールだよ!

Kevin from the Pentatonix それに僕達は、エレクトロニック・ミュージックばかりの音楽チャート状況の中で、ヴォーカルだけっていう最高に純粋なポップ・ミュージックをやっているからさ、それなのにビルボード・チャートでそれだけ高い記録をつけられたことに驚きもしたし、この業界で勝ち組にいないハズの僕達のやってる音楽を、皆がいかに手に入れようとしてくれてるって分かって、すごく嬉しかった