「Apple Watch」の最上位モデルに含まれる金の量は29.16g?!

Apple Watch Edition Gold

【img via @gak_pdx

Apple Watch」の最上位モデルである「Edition」シリーズの値段が楽しみだ。一部の噂では40万円を切らないと言う情報もある。

同モデルは18金を採用した非常に豪華な作りをしていると言われているが、実際どの程度の金が使われているのだろうか。Luma Labsの共同ファウンダーであるGreg Koenig氏の計算によると、Apple Watch」の「Edition」シリーズの42mmモデルは29.16gの金が含まれるそうだ!

29.16gの金を換金すると853.82ドル相当

29.16gの金とは一体いくらなのか。

純度100%の金を使用した場合、29.16gは約1,200ドル相当になるが、純度75〜79%の18金を採用することから現在のレートで計算すると853.82ドル相当になるとのこと。

ただし、この計算はデジタルクラウンやボタン、ストラップ部分などが含まれていないため、実際よりは低いと予想している。Koenig氏は最上位モデルが5,000ドルを切ることはないだろうと指摘している。

それにしてもこれほど高価なデジタル製品もなかなかないだろう。1年後にはソフトウェアもハードウェアも時代遅れになり兼ねないが、継続して使い続けられるようにAppleは高級腕時計にあるようなオーバーホールに似た仕組みを「Edition」シリーズでも提供するのだろうか。

(via Cult Of Mac