「Apple Watch」は盗まれても「Apple Pay」は使えない!付けていることを認識し、暗証番号でガード!

Appl watch

Apple Watch」にはNFCに対応し、「iPhone 6」「iPhone 6 Plus」同様に「Apple Pay」に対応している。

iPhone 6」と「iPhone 6 Plus」の場合は「Touch ID」がなければ決済が利用できないので万が一iPhoneが盗まれたとしても「Apple Pay」を悪用される可能性は低い。「Apple Watch」は「Touch ID」は対応していないものの、ユーザーが身につけていなければ利用できないセキュリティ対策が実施されているので、紹介する!

身につけた時に暗証番号の入力を求められる仕組みに

Apple Watch」を身につけた時に、まずはそのユーザーに暗証番号の入力を求められる。背面に設置されているセンサーのお陰で時計がユーザーの腕に付けられているかどうかは正確に判断できる。

Cult Of Macによると、ユーザーが腕時計を外すと自動的に「Apple Watch」はロックが掛けられ、「Apple Pay」が利用できないようになる仕組みだ。つまり、万が一盗まれたとしてもその暗証番号が分からない限り利用することはできない。

センサーが個人の肌を特定し記憶することができ、身につけたら自動的にユーザーを識別することができたら相当凄いと思ったが、さすがにそこまでの性能は持ち合わせていないようだ。

【悲報】やはり「Apple Watch」の電池持ちは1日が限界…ただし、多少改善の余地はアリ | gori.me(ゴリミー)

「Apple Watch」は生活防水なので付けたままシャワーはNG!ステージ上で発表されなかった機能もチェック! | gori.me(ゴリミー)

「Apple Watch」は左利き用UIも用意(ただし、デジタルクラウンの位置が左下に… | gori.me(ゴリミー)

(via Cult Of Mac