Instagram、アカウントBANの前に警告へ

従来は一発アウトだったが今後は垢バンの前に事前通知してくれる仕組みに 異議申し立てもアプリ内から可能に

Instagram warning before banning

Instagramは現地時間7月18日、一定期間中に違反行動がが見られた場合においてアカウントを停止する方針発表した。これまでは一定量の違反コンテンツを投稿した場合、アカウントを強制的に停止する方針を取っていた。

また、今後は停止される可能性があるアカウントに対して事前に通知する仕組みを提供することも明らかに。同時に違反していると指摘されたコンテンツに対し異議を申し立てる機能も用意される。

Instagramではこれまでもヘルプページから異議申し立てを行うことができていたが、今後はアプリ内から直接行うことができる。

まずはヌードとポルノ、いじめと嫌がらせ、ヘイトスピーチ、麻薬、テロに関する内容に対して申請できるようになるが、今後数ヶ月のうちにジャンルは拡大する方針だという。

万が一違反が指摘されたコンテンツに問題がなかった場合、投稿を復活させ、違反報告があったこ履歴も削除するとのこと。

「Instagram」新着記事
トレンド検索