ロボット界のプロレス!海外テレビ番組「BattleBots」が熱い!頭脳を使った機械同士の殴り合い

BattlBots on ABC
最近、Facebookで見入っている動画シリーズがある。

それは「BattleBots on ABC」。一言で説明すると「ロボット界のプロレス」。ロボット開発者達が最強のロボットをそれぞれ開発し、それらをリングの中で戦わせるというテレビ番組だ。

その戦いぶりは本気と書いてガチ。相手を全力て叩き潰すことを強みとするハンマー型のロボットもいれば、相手を下から救い上げ、全力で吹き飛ばすロボットもいる。超高速で回転するプロペラやホイールで相手を削り落とすものもあれば、炎を吹き出し燃やそうとするものもある。

白熱したロボット同士の戦いが繰り広げられているので是非とも一度ご覧あれ!

「BattleBots」の白熱した激しい戦いが見れる動画7選

すっかりとハマってしまい、Facebookページ上で公開されている試合動画はすべて見ている僕だが、その中でも特に白熱していた試合を7つ紹介する。

中でも最も好きだったのが最初に紹介する動画だ。この動画があまりにも凄かったので他の動画を見てしまった。

ロボット同士の戦いと言われてももう少しクリーンな戦いかと思っていたが、クリーンどころか殺意剥き出しのガチ喧嘩すぎて思わず見入ってしまう。片方は凄まじいパワーで相手のボディにハンマーを叩き落とすタイプ、もう片方は高速回転するホイールで相手を削るというタイプ。

当たり前のようにパーツが宙を舞い、部品が吹き飛ばされ、本体が燃える。爆発する。信じられない光景が目の前で繰り広げられるのだ。

以下どうぞご覧あれ!



ちなみにこの戦いに参加しているロボット開発者のみなさんがどれほど本気であるかが良く分かるシーンがあるので、載せておく。これは上記動画にて最後に仕留める直前のドライバーの様子。もはや殺気しか感じられない。
Aggressive Looking Driver for BattleBots
ルールをざっくり説明すると、ポイント制となっていて最終的には審判が判断するようになっているが、それまでにロボットが動かなくなったり場外に放り出されてしまった場合は10秒以内に復活または場内に戻ってこない限りTKOとなり試合終了。リング内にも床から飛び出す杭や丸のこなどが設置され、壁際にはネジ型の障害物や振り下ろしてくるハンマーなどもあり、これらに相手を入れることができるとポイントをゲットすることができる。

とは言え、実際にポイントでの戦いになることは少なく、ポイント以前にどちらかが燃えたり故障したり破壊されたりするので楽しい。もはやポイントを獲得するために戦うという先方自体、彼らの頭の中には無いだろう。どちらが相手を先に動作不能にするかに賭けている。

先ほどの試合でもハンマー型ロボットは無残な姿に。激しすぎる。

Aggressive Damage After Battle
以下、他の6本もどうぞご覧あれ!













あわせて読みたい

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  2. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  3. 「iPhone 7/7 Plus」および「Apple Watch Series 2」、日本の衛星測位システム「QZSS」に対応
  4. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  5. 【非公式】「iPhone 8」のコンセプトイメージーーみんなの夢と希望を詰め込んだ最強の端末に