iOS 14、Safariに翻訳機能を搭載か

すべての翻訳はプロセッサのニューラルエンジンで完結するため、オフラインで動作するという

Safari iPhone settings

iOS 14」のSafariは、翻訳機能が提供される可能性がある。9to5Macによると、「iOS 14」の初期ビルドは、サードパーティアプリを使わずにウェブサイトを翻訳する機能が内蔵されているという。

すべてのウェブサイトは都度翻訳するオプションに加え、指定した言語を自動翻訳する機能もサポート。Safariは自動的に言語を検出し、ページを読み込み直さずに原文と翻訳版の切り替えに対応するそうだ。

Google Chromeには実装済み、iPadOS 14に関する情報も

ブラウザの翻訳機能は、Google Chromeで実装済み。メニューから「翻訳」の選択で、ページ全体が翻訳される。

Google Chrome App Translation Feature
Google Chromeアプリの「翻訳」機能

Appleは、Safariだけではなく、システム全体に翻訳機能の実装を検討しているという。App Storeでは、母国語以外のアプリの説明文やレビューが解読できる可能性がある。

翻訳機能は、iPhoneのプロセッサに内蔵されたニューラルエンジンで処理されると見られる。オフラインで動作し、Appleにもデータは送られない。現在は通信を必要とするSiriの翻訳機能も、将来的にはニューラルエンジンで完結するそうだ。

9to5Macによると、「iPadOS 14」のSafariは、Apple Pencilのフルサポートも検討されているという。現在はスクロールやタッチに制限されているが、マークアップも利用できると見られている。

「iOS 14」は、現地時間6月22日より開催予定の「WWDC20」で発表予定。サードパーティ製ブラウザやメールのデフォルト指定ホーム画面のアプリのリスト表示壁紙機能の改良パスワード管理機能の強化ウィジェット機能などの情報が判明し、「iPhone 12」のノッチ小型化、AirTagsなどの情報も発見されている。

ストーリータイムライン
14本の記事を表示する
関連情報
コメント(1件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. 通りすがりの読者

    おぉ!これはうれしい!
    今まで、Safariで翻訳したいときは、翻訳拡張機能を使用していましたが、あまり使い勝手が良くなく、
    Google Chromeも、iOS版はイマイチな部分があるので、
    以前から Safariに翻訳機能が標準でついてくれたらいいな と思っていたのですが、これは楽しみです。

「iOSニュース・噂 ・リーク情報」新着記事
トレンド検索