iOS 15.4の新機能「マスク着用時にFace IDを使用する」を解説:対応機種、注意点など

設定方法、Apple Watchを使ったロック解除との違い、登録可能なメガネの本数などを解説

Using iOS15 4 faceid unlock with mask feature 04

Appleが3月15日に一般公開したiOS 15.4にアップデートすると、iPhone 12以降のモデルはマスク着用時でもFace IDを使用できる

従来はApple Watchを身に着けていれば、マスクを着用していても画面のロック解除は可能だったが、Apple Payやサードパーティ製アプリのロック解除には非対応だった。iOS 15.4の新機能「マスク着用時にFace IDを使用する」は、マスクをつけたままFace IDの全機能が利用できる。

本記事では、iOS 15.4の新機能「マスク着用時にFace IDを使用する」の注意点や設定方法などを解説する。参考にしてもらいたい。

「マスク着用時にFace IDを使用する」でできること

  • マスクを着用していてもFace IDの全機能が利用できる。(設定は初回のみ必要)
  • ロック画面の解除、アプリやApp Storeの認証、Apple Payがマスク着用時に利用できる。
  • メガネを着用している場合、メガネ1本ずつの登録が必要(最大4本まで)
  • サングラスは公式には不可だが、レンズの濃さ次第では登録・利用可能。
  • ゴーグルやヘルメットなどでも動作するとの報告あり。
  • 利用時はiPhoneを従来より顔に近く持ち、下向きする必要あり。

「Apple Watchでロック解除」機能との違い

「マスク着用時にFace IDを使用する」は、Face IDの全機能が利用できる。2021年4月に一般公開されたiOS 14.5と同時に提供開始された「Apple Watchでロック解除」機能に比べて自由度が高い。

iPhone 12以降のモデルであれば、iOS 15.4にアップデート後に利用できる。ただし動作には「目の周りの特徴を認識して認証を行う」ため、ロック解除時は顔の輪郭だけではなく画面を直接見ている必要がある

メガネを着用している場合はマスク用のFace IDを設定後、着用するメガネを1つずつ登録する必要がある。サングラスは非対応とされているが、レンズの濃さ次第では登録でき動作する。

登録できるメガネ本数は最大4本まで。上限に達すると個別で削除する方法がないため、上限に達した場合はすべてリセットする必要がある。

マスク着用時にFace IDを使用 Apple Watchでロック解除
動作に必要なデバイス
動作条件
  • 通常のFace IDと同じ(画面の注視は必須)
  • Apple Watchにパスコード設定
  • Apple Watchを身に着けている
  • iPhoneがApple Watchの通信圏内
画面のロック解除
アプリのロック解除
Apple Pay
マスク着用時の動作
(全機能)

画面のロック解除
マスク+メガネ
(全機能)

画面のロック解除
マスク+サングラス
(全機能)

画面のロック解除
セキュリティ精度 低下する可能性 低下する可能性

「マスク着用時にFace IDを使用する」と「Apple Watchでロック解除」は併用可能だ。例えば使用しているサングラスがメガネとして登録できない場合、Apple Watchを使えば画面のロック解除は動作する。

動作の安定性は、「マスク着用時にFace IDを使用する」機能のほうが遥かに上だ。「Apple Watchでロック解除」は動作しないことが多々ある。ただしいずれの場合においても、通常のFace IDの機能を”妥協”しており、セキュリティレベルは低下する点は覚えておくべきだ。

対応機種

マスク着用時のFace ID使用は、iPhone 12以上のiPhoneに限定されている。iPhone 11以前に発売された機種は非対応。Face IDを搭載したiPhoneがすべて対応しているわけではない。

またiPad Proは非対応。iPadOS 15.4にアップデート後も、該当する設定項目が出現していない。

設定方法

「マスク着用時にFace IDを使用する」を有効化する方法

Using iOS15 4 faceid unlock with mask feature Ver2 01

STEP 1:Face IDとパスコードを開く

設定アプリを開き、「Face IDとパスコード」をタップする。
Setting up mask face id 05

STEP 2:「マスク着用時にFace IDを使用する」をタップ

iOS 15.4の設定完了後、iPhoneを操作すると対応機種は下記画面が表示される。「あとでセットアップ」を選択した場合、設定アプリから同じ画面を表示できる。
Setting up mask face id 08

STEP 3:顔をスキャンする(通常は1回で完了)

Face IDの初期設定と同様に、顔を回してFace IDを認識する。メガネをしていない場合、スキャンは1回で完了する。
Setting up mask face id 12

メガネをしている場合、メガネを外した状態で2回目のスキャンが求められる。
Setting up mask face id 14

目の周りの特徴を捉えるためか、iPhoneを少し動かすように指示される。
Setting up mask face id 16

2回目のスキャンが完了すれば、マスクを装着した状態でもiPhoneのFace IDがすべて利用できる。
Setting up mask face id 18

完了後に続けてメガネの追加設定も可能だが、メガネを付けた状態で初期設定を行った場合、身につけていたメガネはすでに登録されている。(通常1回で済むスキャンが2回行われるのはそのためと見られる)
Setting up mask face id 19

メガネを追加する方法

Using iOS15 4 faceid unlock with mask feature Adding Glasses 01

STEP 1:「Face IDとパスコード」の「メガネを追加」をタップ

マスク着用時Face IDの初期設定を完了後に出現する「メガネを追加」の項目をタップする。
Setting up mask face id 20

STEP 2:メガネを追加する

Setting up mask face id 21

関連キーワード
公開情報
コメント(7件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

  1. xPluss(コメントID:625183)

    通常のFace IDを再設定して、気づいたのですが
    1回のスキャンで終わりました

    2回目のスキャンが無かったので、仕様変更なのかと思うのですが…

  2. g.O.R.i(コメントID:622935)
    コメント先:たってぃん(コメントID:622934)
    Apple Watchとの併用の解説など、きめ細かいやさしさに溢れた部分と強面のギャップに差がありすぎるところもゴリミーの好きポイント(笑)🙏 とにかくこのアプデは嬉しい。とくに買い物のタイミングが効果抜群👍

    たってぃんさんはいつもコメントに優しさが溢れてますねぇ〜〜〜ありがとうございます!このアプデ、本当に最高ですよね……マスク生活のストレスが格段と減りましたね……

  3. たってぃん(コメントID:622934)

    Apple Watchとの併用の解説など、きめ細かいやさしさに溢れた部分と強面のギャップに差がありすぎるところもゴリミーの好きポイント(笑)🙏
    とにかくこのアプデは嬉しい。とくに買い物のタイミングが効果抜群👍

  4. g.O.R.i(コメントID:622911)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:622910)
    とりあえずメーカーなりに出来る対応はしたということで納得するべきかもしれませんね。お金を出せば受け皿もあるし。 ところで、一枚目の顔写真は本気出してみた説…。

    一枚目の顔写真は本気出してみた説
    👆え、これどういう意味ですかwww

  5. 通りすがりの読者(コメントID:622910)
    コメント先:g.O.R.i(コメントID:622909)
    まあこればかりは仕方ないですねw それか、今年の新モデルに買い換えるか、とかですかね!

    とりあえずメーカーなりに出来る対応はしたということで納得するべきかもしれませんね。お金を出せば受け皿もあるし。

    ところで、一枚目の顔写真は本気出してみた説…。

  6. g.O.R.i(コメントID:622909)
    コメント先:通りすがりの読者(コメントID:622908)
    11以前の人がFace IDに懲りてSEに流れる説…。

    まあこればかりは仕方ないですねw それか、今年の新モデルに買い換えるか、とかですかね!

  7. 通りすがりの読者(コメントID:622908)

    11以前の人がFace IDに懲りてSEに流れる説…。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索