iOS 12.2:スクリーンタイムの休止時間、曜日別に指定可能に

IOS12 ScreenTime 03

iOS 12.2」のベータ版では使用時間を可視化や子どもの使いすぎ防止対策として用意されている機能「スクリーンタイム」において、休止時間を曜日別に指定できることが明らかになった。

使いすぎ防止の自動化をより細く設定可能に

「休止時間」は、予め指定した時間帯においてiPhoneが使えなくなる機能。指定された時間になると、ホーム画面上のアプリがグレーアウトし、使えなくなる。

現状は下記の通り開始時間と終了時間の指定しかできない設定となっている。つまり、毎日指定した時間帯は必ず利用不可になってしまう。

iOS 12.2」ではより細かい設定が可能となっていて、曜日別の時間別に指定可能になっている。「通常、平日は20時以降は利用不可だが、金曜日は特別22時まで利用可能にする」という設定ができるよになる。

ただし、これらの機能はあくまでもベータ版における新機能であるため、正式リリース時には変更または廃止される可能性もある。

(via 9to5Mac

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 12」新着記事
トレンド検索