iOS 15、スキップ可能に iOS 14のままセキュリティアップデートを受け取り可能

最新機能は不要でも、最新のセキュリティアップデートは受けられる

Ios14 receives security iupdates

Appleは、iOS 14からアップデートせずにiOS 15向けに提供する最新のセキュリティアップデートを提供すると発表した。iPadOS 14とiPadOS 15でも同様の仕組みが提供される。

Appleは従来、iOSの最新アップデートを配信後に旧OSバージョンのSignature Hash(SHSH)を発行終了。SHSHとは”復元許可証”のような存在で、ない場合はダウングレードはできない。iOS 15以降、規制が緩和される。

OSの最新バージョンはアップデート直後、致命的な不具合に見舞われる場合がある。今後はリスク回避目的で一定期間アップデートを避けた場合でも、最新バージョンのセキュリティアップデートが利用できる。

特集
関連情報
カテゴリiOS 15
/
iPadOS 15
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 15」新着記事
トレンド検索