iPhoneがちょっと便利になる、iOS 15の新機能をピックアップ

集中モードが登場、FaceTimeやSafariの機能が大幅に強化 OCR機能は日本語非対応

WWDC21 Keynote 413

Appleは6月8日、WWDC 2021の基調講演でiOSの次期バージョンiOS 15」を正式に発表した。開発者向けのベータ版は本日提供開始、一般公開は今秋を予定している。

iOS 15には、椅子から転げ落ちるような驚きのある新機能はなかったが、iPhoneの使い勝手が向上する機能が多数追加される。本記事では、iPhoneがちょっと便利になるiOS 15の新機能をまとめた。全機能リストはApple公式ページを参考にしてもらいたい。

FaceTimeが改良、共有機能が充実

FaceTimeは、便利機能が追加され、共有機能が充実した。空間オーディオに対応し、ボイスアイソレーション機能が追加され、周囲の音に影響されないクリアな音質が実現できる。
WWDC21 Keynote 551

複数人のFaceTime通話はグリッドビューをサポートする。
WWDC21 Keynote 578

ポートレートモードに対応し、背景をぼかした状態でFaceTimeが可能になった。
WWDC21 Keynote 595

公開リンクを発行できる「FaceTime Link」も搭載。iOSデバイスではなく、Androidスマートフォンともブラウザを介して利用できる。
WWDC21 Keynote 613

SharePlay」機能により、FaceTimeしているメンバーで音楽、動画、iPhoneの画面を共有できる。画面共有は、iPhoneの操作やトラブルに困っている友人や家族の遠隔サポートに役立つだろう。
WWDC21 Keynote 711

通知機能の改良と「Focus」

「Focus」(集中モード)は、通知やホーム画面に表示するウィジェットやアプリを制御できる機能だ。ユーザーは、集中する時に適用するアプリやウィジェットをまとめたホーム画面のページを作成し、関連するアプリのみ表示して誘惑を減らせる。仕事、集中モード、パーソナルなど、状況に応じて設定できる。
WWDC21 Keynote 1185

通知のデザインが改良された。連絡先の人々の写真や、アプリケーションのアイコンが大きく表示されるようになった。
WWDC21 Keynote 1078

また時間的成約のない通知を、朝や夜にまとめて配信する「通知要約」機能が用意されている。
WWDC21 Keynote 1102

Safariのタブ機能が強化、拡張機能にも対応

Safariの使い勝手が向上する。特にタブ周りの機能強化が行われており、画面下部にタブバーが表示されるようになった。
WWDC21 Keynote 5497

スワイプでタブの行き来ができる。
WWDC21 Keynote 5502

MacのSafariでサポートされている拡張機能を、iPhoneのSafariで利用可能になる。
WWDC21 Keynote 5545

画像のテキストや情報を認識する「ライブテキスト」

「ライブテキスト」(テキストの認識表示)は、AIを使って写真の中のテキストを認識するOCR機能。テキスト情報として取り扱うことができる。日本語の認識には対応しないが、英数字は利用できる。

例えば撮影した写真にある文字情報を……
WWDC21 Keynote 1296

テキストとして認識することが可能。
WWDC21 Keynote 1303

メールアプリなどに貼り付けることができる。
WWDC21 Keynote 1308

電話番号があれば、タップで電話をかけられる。
WWDC21 Keynote 1344

メモリー機能の改良、Apple Music対応

メモリー機能は、iOS 15で大幅に改良。Apple Musicの楽曲が使用可能になり、メモリーによって最適な楽曲を提案する機能が追加される。従来は限られた音源しか選択できなかった。

WWDC21 Keynote 1554

メモリー機能は、祖父母や親戚などに子供のの写真や動画をイベントごとに見せる上で非常に便利。Apple Musicをサポートしたことで、よりシーンにあったBGMが選択できるだろう。

特集
関連情報
カテゴリiOS 15
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 15」新着記事
トレンド検索