iPadOS 15のiPadならではの新機能をピックアップ

便利だが地味な機能が多め、唯一「おお!」となったのはSwift Playground対応

WWDC21 Keynote 2365

Appleは6月8日、WWDC 2021の基調講演でiPadOSの次期バージョンiPadOS 15」を正式に発表した。開発者向けのベータ版は本日提供開始、一般公開は今秋を予定している。

iPadOS 15の発表では、Final Cut Proなどのプロ向けアプリもなければ、革新的な新機能もなかった。FaceTimeの強化、集中モードの追加、Safariの機能向上、ライブテキストの対応などは、iOS 15と同じ。本記事では、iPadならではのiPadOS 15の新機能をまとめた。全機能リストは、Apple公式ページを参考にしてもらいたい。

ウィジェットの配置が自由に

ウィジェットがホーム画面上、どこでも自由に配置できるようになった。
WWDC21 Keynote 2414

大画面を活かす、大きいウィジェットサイズも用意されている。
WWDC21 Keynote 2425

Appライブラリが登場

アプリをリスト表示し、一部のホーム画面を非表示にできるAppライブラリが提供される。
WWDC21 Keynote 2464

iPhoneではiOS 14で提供されている。
WWDC21 Keynote 2484

マルチタスクがちょっと改良

マルチタスク機能の操作性が改良され、画面上部にあるボタンでSplit Viewが可能になる。
WWDC21 Keynote 2518 2

特定のアプリを複数のアプリでSplit Viewを利用している場合、画面下部に「Shelf」として表示される。
WWDC21 Keynote 2597

マルチタスク画面上でアプリ同士をドラッグ・アンド・ドロップすると、Split Viewになる。
WWDC21 Keynote 2617

付箋のように使えるクイックメモ

クイックメモ機能は、画面右下からスワイプすると表示できるメモアプリの新機能。開いているアプリと連動する。例えばSafariでクイックメモを利用した場合、表示ページのリンクをワンタップで追加できる。
WWDC21 Keynote 2730

タグ機能も追加され、異なるノートを横断して検索が可能になった。
WWDC21 Keynote 2672

Swift Playground対応

iPadでiPhoneおよびiPad用のアプリ開発を可能にする、「Swift Playground for iPad」が登場。
WWDC21 Keynote 2894

開発したアプリは、iPadから直接申請できる。

関連キーワード
特集
公開情報
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 15」新着記事
トレンド検索