iPadOS 15:ファイルアプリ、プログレスバー表示に対応

NTFSフォーマットの外部ドライブやメディアをサポート(読み取り専用)

Progress Bar on MacOS 01

macOSのプログレスバー

iPadOS 15のファイルアプリは、プログレスバー表示に対応した。従来は大容量のファイルをコピーやペーストした際に、操作完了までにかかる時間をユーザーが把握できない仕様だった。iPadOS 15では、ファイルの画面上部に円形のプログレスアイコンが登場。タップすると、macOSで見慣れた棒型のプログレスバーが出現する。

また動画コンテンツクリエイターのSteven Fjordstrom氏によると、iPadOS 15はNTFSフォーマットをサポート。macOSと同様に読み取りはできるが、書き込みができない仕様となっている。

ファイルアプリは、複数のファイルをまとめて選択できる機能も実装されている。iPadOS 15では、macOSとの行き来が自然になるための最適化が進んでいる。macOS MontereyとiPadOS 15で実現する新機能「ユニバーサル・コントロール」が実現できる背景には、iPadOSとmacOSの歩み寄りが大きく関係しているだろう。

関連情報
カテゴリiPadOS 15
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 15」新着記事
トレンド検索