iOS 16、「私はロボットではありません」がスルー可能に。CAPTCHA回避機能を実装

サービス側が対応すれば、CAPTCHAがスルー可能に

CAPTCHA Private Access Tokens

Appleより

iOS 16iPadOS 16macOS Venturaでは、CAPTCHAを回避可能にする機能が実装される。設定アプリの「Apple ID」にある「パスワードとセキュリティ」に「自動認証」として加わる。

iCloudがデバイスおよびアカウントを自動かつ非公開で認証できるよう許可することにより、AppやWebでのCAPTCHA認証を回避できます。

(機能の説明文)

CAPTCHA(キャプチャ)とは

CAPTCHA(キャプチャ)とは、「Completely Automated Public Turing test to tell Computers and Humans Apart」の略称。名前のとおり、コンピューターと人間を判別する自動化されたテストを指す。チケット購入やコメント入力の際に、歪んだ文字の読み取りや、信号機や車が写った写真を複数枚から選ぶ画面が表示される仕組みが、CAPTCHAだ。「私はロボットではありません」にチェックを入れた経験はないだろうか。

自動認証はデフォルトで有効化。利用はウェブ・アプリ側の対応が必要

不正や嫌がらせの目的で導入されており効果は発揮するが、ユーザーにとっては煩わしさがある。AppleのWWDC22セッション動画「Replace CAPTCHAs with Private Access Tokens」によると、Appleデバイスがボットではないことをアプリやウェブサイトに提示するPrivate Access Tokenの仕組みを実装。ユーザーの個人情報を保護しながらCAPTCHAが回避可能になるという。

CAPTCHAを回避するためには、CAPTCHAを導入しているアプリまたはウェブサイトが対応し、デバイス側でCAPTCHAの自動認識機能を有効化する必要がある。デバイスはデフォルトで有効化済み。すでにコンテンツデリバリネットワークサービス「Cloudflare」やクラウドコンピューティングサービスプロバイダ「Fastly」が実装を表明している。

もっと読む

12本の記事を表示する

公開情報
更新日2022年06月22日
コメント(0件)

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iOS 16」新着記事
トレンド検索