「iOS 8.3」、「VoLTE」が国内キャリアでも使用可能に

VoLTE

本日「iOS 8.3」がリリースされたが、その中で以前話題になっていた「VoLTE」に関する設定があることが明らかになった!

ケータイ Watchによると、「iOS 8.3」にアップデートすることによってiPhone 6」ならびに「iPhone 6 Plus」を使用している人は、ドコモ・KDDI・ソフトバンクのいずれかに契約しているのであれば「VoLTE」が使用可能になっていることが明らかになった!

モバイルデータ通信 > 4Gをオンにする > 音声通話およびデータ

前提条件としてVoLTEを使用するためには「iPhone 6」または「iPhone 6 Plus」でなければ使用することができない。これは、VoLTEを使うために必要なハードウェアがあり、iPhoneは最新モデルしか搭載されていないからだ。

設定するためにはまず「設定」アプリを開き、一覧の中から「モバイルテータ通信」をタップし、「4Gをオンにする」という項目があるのでそれをタップ。
VoLTE

デフォルトでは「データ通信のみ」になっているが、これを「音声通話およびデータ」を選択することによって使用する準備ができる。
VoLTE

iOS側で使用する準備ができたとしても、キャリアによって追加で設定する項目がある場合もある。詳細はMacお宝鑑定団 blog(羅針盤)に書いてあるが、例えばソフトバンクの場合は使用するためには別途申し込みが必要となっている。

KDDIも「ネットワーク設定オプション」を申し込む必要がある場合もある。また、VoLTEを有効化することによって3Gの音声通話およびデータ通信機能が無効になるということは頭に入れておくべきだ。裏を返せば通話品質を取る代わりに通信エリアが狭まる可能性があると理解しているが、どうなのだろうか。

概要だけ以下にまとめたので参考にどうぞ。

ドコモ KDDI ソフトバンク
申し込み 不要 不要 必要
通信エリア Xiサービスエリア au 4G LTEエリア Softbank 4G LTEエリア
契約料金 無料 無料 無料

VoLTEそのものを使用するために別途料金発生しないが、VoLTEで行われる通話は当然発生するのでそれぞれ確認しておきましょう。

(via 気になる、記になる…