iPadOS 13:Split Viewでアクティブビューが視覚的に判別可能に

画面上部のバーが、アクティブビューの場合は色が濃く、非アクティブの場合は色が薄く表示される仕様に

Ipados13 split view

現状iPadで2つのアプリを同時に表示することができる「Split View」を利用するとどちらのアプリにフォーカスされていて、文字入力できるアプリが並んでいる場合、文字を打つとどちらに反映されるか分かりづらい、という問題がある。特に「Smart Keyboard」を使っている時。

今秋リリース予定の「iPadOS 13」では同じアプリを並べて表示することが可能となっているが、なおさらアクティブビュー(要はアクティブウィンドウだが、iPadOSは”ウィンドウ”ではないので”ビュー”としている)がどちらの画面なのかが分かりづらくなってしまう恐れがあった。

幸いにも「iPadOS 13」では「Split View」の状態でアクティブビューが視覚的に判別できるようになっていることが分かった。

「iPadOS 13」では2つのアプリを「Split View」で表示された場合、画面上部に小さいホームインジケーターのような細長いバーが表示され、アクティブビューの場合は色が濃く、非アクティブの場合は色が薄く表示される仕様になっている。

どちらのビューにフォーカスしているか一目瞭然、とまではいかないものの、何もないよりはマシ。Macでもアクティブウィンドウを影でさり気なく表現していることから、iPadにおけるマルチウィンドウはこのような方向性になりそうだ。

「iPadOS 13」新着記事
トレンド検索