iPad Pro × iPadOS 13で夢の「iPadのデスクトップ化」を実現した人が登場

最強のiOSワークステーション:iPad Pro + iPadOS 13 + 4Kディスプレイ + マウス + キーボード + ゲームコントローラー

Ipad pro ipados13 desktop

iPadOS 13」がインストールされた12.9インチ型「iPad Pro」に多機能マウス「MX Master 2S」を接続している様子を紹介していた「MacStories」の編集長Federico Viticci氏が、iPadパワーユーザーとしての活用方法を模索。

iPadOS 13」が動作する12.9インチ型「iPad Pro」にUSB-Cポート経由で「LG 4K UltraFine Display」に画面を出力し、BluetoothキーボードおよびBluetoothマウスを接続し、ゲームプレイ用にワイヤレスPS4コントローラー「DualShock 4」を組み合わせ、現状、iPadで実現可能な最強の作業環境を実現

Viticci氏は「USB-Cケーブル1本さえあればタブレットから夢のiOSワークステーションに、しかもマウスカーソルにも対応」とコメント。写真に写っている「Mac mini 2018」で利用している全く同じ周辺機器が「iPad Pro」でも利用できていると説明している。

「完璧とは程遠いが、大画面でiOSを操作することができる」

まさに「iPadのデスクトップ化」。動作しているのがmacOSではないため「Mac化」とは言えないが、「iPad Pro」のUSB-C端子搭載と「iPadOS 13」の登場のお陰でiPadがこれほどの拡張性を持つことが可能になった。

とは言え、やはり完璧とは程遠い。ディスプレイに対して画面は正しくスケーリングできず、マウス対応もあくまでもアクセシビリティ機能として実装されている。

それでもiOSデバイスを大画面で操作したい時には役立つ環境にはなる。むしろ、iPadをメインマシーンとして使っている人であれば、この環境だけでも作業がしやすくなりそう。

僕はiPadで無理やり作業環境を構築するぐらいならMacを使えば良いと思っているので自分で再現しようとは思わないものの、かつて学生時代に「WindowsのMac化」に精を出していたのと同じように、「iPadのデスクトップ化」に情熱を注いでいる人がとても楽しそうだ!

コメントを残す

コメントは承認後に表示されます。良識のあるコメントを心がけ、攻撃的な表現や他人が傷つく発言は避けましょう。なお、コメント投稿時に「利用規約」に同意したとみなします。

「iPadOS 13」新着記事
トレンド検索