「iPhone 6 Plus」の大きさを知るために、身近なモノと比較している写真まとめ

iPhone 6 Plusの大きさを考える
ついに9月12日の金曜日が来てしまった!本日は「iPhone 6」ならびに「iPhone 6 Plus」の予約受付開始日!16時からとなっているので、発売日に手に入れたい人はしっかりと予約するべし!au(KDDI)の予約方法に関してはこちらから、ドコモの予約方法に関してはこちらからどうぞ!

僕は「iPhone 6 Plus」一択だ。迷いはない。SIMフリーにするか否かについて延々と悩んでいるが、「iPhone 6 Plus」の128GBモデルと決めている。


ただ、発表されてから何度も書いていることから分かる通り、未だに5.5インチという大きさがイメージできない。より良い性能を持つ方を買う傾向にある僕としては迷う余地もないのだが、やはり気になるものは気になる。

ネットでは1万円札と同じぐらいの大きさだと話題になっていたが、最近では「ガーナチョコ」とほぼ同じ大きさであったり、「黄金の味」と同じだと主張する強者も発見されている。

5.5インチという、iPhoneユーザーが今まで経験したことのない大きさを知るために身の回りにある色々なモノと比較しては動揺している姿が面白かったので、面白かったものをピックアップして紹介する!

身近にあるものを参考にサイズ感を知るのは大事!

そもそも現物を知らずに予約すること自体がぶっ飛んでいるとは言えるが、iPhoneの場合はそうも言ってられない。これらの写真だけでは不安という場合は「iPhone 6 Plus」に特化したハンズオン動画現地取材した日本語記事などにも目を通しておくと良いだろう!

まずは定番の一万円札から。


本日話題になっていた「ガーナチョコ」。ちなみに厚さはガーナチョコの方が分厚いとのこと。


アルフォートの箱と同じという意見も。


「PS Vita」とも同じぐらいだそうだ。


iPhone 6 Plus」は「Nintendo 3DS LL」の横幅を同じ程度の高さ。


今回、「ベスト・オブ・サイズ比較」として認定したいのが「黄金の味」。全然サイズ感が分からない!


なんとビクターエンタテインメント社でも新型iPhoneの話題でもちきりだったそうだ!「Xperia Z3」と同程度の大きさ。


最後に参考になりそうな情報も載せておく。こちらはコクブカメラさんによる比較。実際に手に持った際の比較画像を公開している。これは非常に参考になりそうだ!


「iPhone 6 Plus」を購入する決意は固まっただろうか?!問題は明日が無事16時から予約ができるかどうか。予約に関係するサーバーが落ちたりしないように…!

iPhoneはソフトバンクオンラインショップで!

▶ 今すぐチェック!

あわせて読みたい
もっと読みたい
黄金の味

gori.meの最新情報をチェック!!

  1. 「Apple Pencil 2」、新型「iPad Pro」と同時に2017年3月に発表か
  2. 「iPhone 8」、5.8インチ型の全面ディスプレイに?!各種センサーは画面内に内蔵、新センサーも搭載?!
  3. TUNEWEAR、「ALMIGHTY DOCK TB1」を発表!最大40Gbpsの高速通信、最大5Kまでのディスプレイ出力に対応
  4. 「iPhone 8」、高速ワイヤレス充電対応か?サプライヤーがチップを提供へ
  5. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法