「iPod Classic」の販売を終了した理由は「一部パーツが生産終了していたため」

ipod-classic.png
今年のiPhoneイベントは盛り沢山だったが、その裏で静かに「iPod Classic」が静かに販売終了となっていた


このことについて「WSJ.D LIVE」にてTim Cook氏は「iPod Classic」を生産するにあたって必要とされる一部のパーツが生産終了していたと発言していたようだ!

30ピンコンテクタを搭載したデバイスの終焉

需要があれば生産終了していたパーツを別のものに取り替えて販売を継続した可能性もあるが、既に多くの人はiPhoneやiPod touch、iPadで音楽を聞くのが当たり前となっている。生産を続ける判断を下すほどの需要がなかったため、販売を終了したそうだ。

「iPod Classic」をもって30ピンコネクタ搭載デバイスは全て販売終了してしまった。今やiPod touchやiPod nanoもLightning端子を搭載している。

「iPod Classic」がどうしても欲しい、という人はAmazonからどうぞ!販売終了したということもあり、出品者による出品は55,000円以上と価格が高騰している。

Apple iPod classic 160GB ブラック MC297J/A
Apple Computer (2009-09-10)
売り上げランキング: 2,023

(via 9To5Mac

あわせて読みたい
もっと読みたい
  1. 「iPhone 5s」を「iPhone 7 mini」に改造した人が登場
  2. 【非公式】「iPhone 8 – ‘X’ Edition」のコンセプトイメージが公開ーーこれまで報じられている噂を反映
  3. 【保存版】iPhoneのストレージ容量不足を劇的に解消する7つの方法
  4. タイプライター風のMac用ワイヤレスキーボード「lofree」、登場!Magic Keyboardと同じレイアウト
  5. 【保存版】Macの「その他」を削除し、ストレージ容量不足を解消する方法

gori.meの最新情報をチェック!!